本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用し営業ノウハウの再利用を!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用し営業ノウハウの再利用を!

SFAを活用し営業ノウハウの再利用を!

SFAは多くの機能を備えた営業支援のためのシステムで、Sales Force Automationの略です。
システムはクラウド型で初心者にも使いやすく、ITに苦手意識を持つ人でも何度かシステムに触れていただくことによりスムーズに使うことができるようになります。
SFAの特徴は大きく分けて二つです。
一つは営業支援のための多機能性、もう一つは情報の共有機能です。

SFAには多くの機能があります。
営業に必要な基本的な書類の作成機能は全て備わっていますので自社でテンプレートを作成したり書類ごとにソフトを購入する必要もありません。また、作成した書類はまとめておけば好きな時にPCのボタン一つで呼び出すことが可能です。紙媒体で保存する必要がないのでスペースを食いませんし処分の際にシュレッダーなどの手間もありません。その分のコストは確実に削減することができます。
また、多くの企業が気を揉むだろう顧客の管理もSFAで一元化すれば非常に効率的です。
見込み顧客、新規顧客、既得意顧客に分けて管理することも可能ですし、それぞれの顧客から営業担当がヒアリングを行った情報を書き込むことが可能です。
また、社内の誰かが書き込んだりデータ化したりした情報は部署や支店を越えて確認が可能です。
同じ企業といっても営業に関わる部署が一つのビルに全て入っていないケースもあります。
資料送付は沖縄、営業は東京、顧客への確認は宮城と部署が日本中に散らばっている場合もあるでしょう。
そんな場合に顧客情報を共有することができれば営業がスムーズに進みます。
また、今まで紙媒体や営業担当ごとにPCに保存していたデータを一元化することにより各営業担当が管理に割く時間も減りますし、他の部署との共同作業もしやすくなります。
営業がヒアリングした顧客情報を製造部門で生かすこともできますし、お客様センターに入った問い合わせ内容を営業に生かすこともできるようになるわけです。
これは営業にとって大きなプラスであり、他の部署と顧客の取り合いによって摩擦が起きることを防ぎ連携を強めるという点で全社的な視点で見ても効率的です。

また、SFAの情報を共有することができるという優れた特性を生かすことにより営業ノウハウの再利用も可能となります。
長年勤めた優れた営業担当の営業ノウハウをデータとして可視化するのです。
営業ノウハウはその企業の宝です。
ですが、ベテラン社員から若手社員に営業ノウハウを伝えるにしても時間や仕事の兼ね合いでなかなか難しいこともあるでしょう。そんな時は営業ノウハウ自体を可視化し、データとして共有するのです。
そうすることで若手社員も優れたノウハウに学ぶことができますし、仕事中に必要になったらすぐに呼びだして参照することが可能になります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る