本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用し営業情報インフラとより良いプロセスを構築する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用し営業情報インフラとより良いプロセスを構築する!

SFAを活用し営業情報インフラとより良いプロセスを構築する!

SFAとは営業を支援するためにアメリカ型の営業方法と営業理念をベースに生み出されたシステムです。Sales Force Automationの略称です。
支援と銘打たれてはいますが書類作成から顧客情報の管理、営業戦略の分析とその機能は実に多く充実しています。
支援だけでなく上手く活用すればメインとして機能し、また、営業部門だけでなく事務部門や経営企画部門でも業務の効率化を期待できます。
SFAはインターネットでお馴染みのクラウド型システムですのでスマートフォンを利用している人ならすぐに使いこなすことができますし、導入もインターネット環境があって業務用のPCが一台あればすぐに運用ができます。
クラウド型システムの特性として離れた支店同士で情報共有という点ももちろん有していますので、特性と機能を取捨選択した上で有効活用すればより良い業務環境、より良い業務プロセスを作成することが可能です。
良い環境、良いプロセスはそのまま会社の評判や収益に繋がることでしょう。

より良い環境づくり、より良いプロセス作りのためにはSFAでの情報インフラの構築が必要になります。
営業情報の管理は企業の命であると同時に営業担当が非常に心を砕く部分でもあります。
その部分を効率化しかつ皆でより良く共有できればこれ以上もなく業務がはかどることでしょう。
また、社員の負担軽減にも繋がります。
かつては営業情報、特に顧客情報は紙媒体で保存されていたり営業担当それぞれが個別のPCにファイルでカテゴリ分けした上で保存などしていました。営業は顧客と応対するだけでなく情報収集と情報管理をこなし、その上で更に書類作成やアポイントメントの管理、日報の提出といった業務をこなさなければいけませんでした。
また、紙媒体や個別のPCで管理されていた情報が共有などされているはずなく、営業担当はまったく同じ見込み顧客の顧客情報を別々に所有していることも珍しくありませんでした。そしてそれぞれの担当が二重に声掛けを行うなどの無駄があったのです。
それだけでなく、営業担当がそれぞれ一人で大量の情報を集め構築していたわけですから、小さい情報は捨てられがちでした。小さい情報まで拾っていたらとても全ての顧客のケアや情報の記載まで手が回らなかったのです。
ですがSFAを使って情報インフラと営業のプロセスを整えることにより顧客情報が二重に作られることや個別に商談を持ちかけるなどの無駄を削ることができますし、紙媒体や個別PCの管理のような手間を省くことができますので小さい情報の記載まで手が回るようになります。
小さい情報は共有することで営業だけでなく製造や企画部門の資料にもなります。
SFAを使って情報インフラと営業プロセスを整備することは更なる自社の情報インフラ発展に繋がるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る