本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用し営業担当の顧客対応時間を増やす!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用し営業担当の顧客対応時間を増やす!

SFAを活用し営業担当の顧客対応時間を増やす!

SFAとはSales Force Automationの略であり、営業を支援するためのクラウド型のシステムです。
ソフトの購入や機材を追加する必要がないため導入も簡単で、システムは初心者やITに苦手意識を持つ人でも覚えやすくスムーズに扱うことができます。
SFAには営業を支援するための機能を中心に多くの機能が備わっています。
書類の作成機能にデータベース化機能、営業成績の可視化機能や業務の進捗を確認できる機能などがその主たるものですが、中でも特筆すべきは顧客情報管理機能です。

一昔前までの顧客情報の管理は紙媒体で行われたり、営業担当それぞれのPCでということが少なくありませんでした。
紙媒体の場合は既得意顧客、新規顧客、見込み顧客が増えるとその分量も増えますし、保存や処分にも気を使います。書類によっては保存期間が法定化されているものもありますので、その間ずっと膨大な紙の束を保存するということはスペースの面でも非常に大変なことでした。また、処分の際には専門の業者に依頼するか一枚一枚シュレッダーで細かくして保存しなければならなかったため、手間やコストの面でも大変なものでした。
営業担当の個人PCで顧客情報を保存していた場合は紙媒体よりも遥かに管理は楽でしたが、その営業担当が席を外していたり休みを取っていたりすると情報自体の確認ができず、まず営業担当本人に連絡を取った上でパスワード確認しそれから情報を探さなければならないという手間がありました。
また、PCの置き忘れによるリスクもありました。
その点、SFAの顧客情報管理機能でかつて紙や個別のPCで管理していた情報を一元化してしまえばスペース、コスト、リスク、全ての面を抑えることができます。
これは非常にメリットが大きいことでしょう。

また、SFAの利用により顧客情報の管理や確認自体が楽になりますので、その時間を顧客対応時間に充てることができます。
顧客と接する時間が増えるとその分見込み顧客も増えますし、情報収集にも繋がります。
得た情報を各顧客の情報へ追加することで既得意客も新たな商品の見込み客になることがあるのです。
営業にとっては情報が命であり、その分チャンスを増やすことに繋がります。これも非常にメリットがあることでしょう。
このようにSFAを上手く活用することによりチャンスが増えますし、活用により効率的になった分顧客への対応に割く時間が増え情報が増し、輪をかけて契約のチャンスが転がり込んでくることでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る