本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用し営業部門の無駄をなくす!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用し営業部門の無駄をなくす!

SFAを活用し営業部門の無駄をなくす!

SFAとは営業を円滑化、効率化するためのシステムです。
多くの機能を備えたクラウド型のシステムで、初心者でも使いやすく導入に際して新たな機械やソフトを購入する必要もないため経済的です。また、その多くの機能は営業に際して特に必要だと思われるものが揃っているので、導入して上手く活用することにより営業面がぐんと効率的になります。場合によっては顕著に営業成績にも表れるでしょう。
このSFAを上手く使いこなすことが営業部門の無駄をなくすことに繋がります。

SFAには見積書などの書類作成機能が備わっています。
書類は営業とは別の部署、あるいは営業補佐の事務が作成する場合もあるでしょうが、営業が自分の担当顧客に対し作成することも多いはずです。その場合、単なる書類作成ソフトを使って作るのと専門の作成機能を使うのとでは作成時間に天地の差が出るでしょう。また、専門の機能を用いた方が個別に書類テンプレートを作る必要もないため便利です。見やすくもあるでしょう。
こうした書類作成機能を用いることでテンプレートの作成などの時間を削ることができますのでまず時間の無駄がなくなります。

SFAには顧客情報の管理機能もあります。
顧客情報の管理方法は企業ごとに異なります。
ですが、概ね、今までは紙媒体であったり営業部門のPCで担当ごとに個別に管理という形をとっていたところが多いでしょう。
しかしSFAの優れた顧客情報管理機能を使うことで紙や個人PCデータの管理という無駄を省くことができます。
紙媒体ですと書類によっては保存する期間が法定化されている場合があります。その間ずっと保存する必要があるわけですからスペースを食います。また、処分に際しては時間とコストがかかります。
担当や営業部門の個人PCで顧客情報を管理する場合は置き忘れなどがあれば漏洩のリスクがあります。
SFAで情報をデータ化し一元管理してしまえばスペースやコスト、リスク管理の無駄をなくすことができます。
これは営業に専念したい営業部門によっては大いなるプラスに違いありません。
また、SFAの顧客情報管理システムは一人の営業が入力した情報を全ての営業に留まらず社内の全ての部署が共有できます。
別の部署に顧客から連絡があってもすぐに担当の営業に電話の転送なりができることを考えれば、営業、他部署、顧客、全てのメリットになると言えるでしょう。
このようにSFAを活用すれば営業部門の無駄をなくすことが可能になるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る