本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用し成功事例の共有を行って各員の役割を明確に

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用し成功事例の共有を行って各員の役割を明確に

SFAを活用し成功事例の共有を行って各員の役割を明確に

SFAとは営業を支援するクラウド型システムのことです。
クラウド型であるため初心者やITに苦手意識を持つ人でも使いやすく、導入に際しては機材やソフトの購入も必要ありません。
社内の部署の一人が情報を入力することで一部署だけでなく社内全ての人間が情報を共有することができます。また、営業戦略やプロジェクトの目的、営業プロセス、仕事をする上でよく出る疑問点の解答などをデータベース化し何時でも参照できますので同じくとを何度も確認しなくても済みますし調べなくても済みます。情報はPCのボタン一つで即座に呼び出せるため時間の効率化に繋がるでしょう。また、簡単に見積書の作成などもシステム上でできますので事務仕事の効率化にも繋がります。もちろん作成した見積書は社内で共有でき、顧客から連絡があればすぐに参照することが可能です。
SFAを導入し積極的に利用することは営業の効率化だけでなく社内全て、業務全てのスマート化に繋がります。
ですが、SFAに欠点がないわけではありません。
SFAは極めて多機能です。
機能が多いため全てを把握し利用しようとするとかなりの時間を要します。使いこなすという意味でも時間がかかりますし、業務という面でも時間がかかります。
考えてみてください。
例えば顧客情報の管理ですが、営業職が吸い出した顧客情報は勝手に情報化されるわけではありません。誰かが手入力することで初めて情報化し共有することができるのです。ですが、情報の入力にも時間がかかります。顧客一人の情報を細かく入力すればするほど入力にかかる時間は増えます。その上、他の機能も使いこなそうとすると、二つの機能で単純計算で二倍、三つの機能で単純計算で三倍の時間がかかるわけです。
SFAは営業支援システムですから営業の支援として効果的に使ってこそです。情報入力がメインになってしまっては本末転倒でしょう。機能の取捨選択を行うことで業務はより一層効率的になります。

SFAは可視化や共有という面で優れています。
これは事例を皆で分かち合うということも含まれます。
営業の成功事例の共有を行い役割をはっきりさせるのです。
顧客との取引は営業が全てではありません。部門と部門、役割と役割の連係プレーとさえ言えます。
営業担当が見込み客に資料送付を依頼されたとします。担当が直接発送することもあるでしょうし、他部門が発送を担当するという形で役割分担が成されていることもあるでしょう。
商談が成立した事例ではどのように部門と部門の連携が行われたか、部門を越えてどんな対応をしたのかを可視化し共有することができます。
一日で資料を発送し到着即日に営業担当が連絡を取って商談が成立した、その連携を成功事例として共有するのです。そうすれば本来は共有が難しい事例も部門を越えて参照できますし、今後の行動や役割の明確化に繋がります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る