本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用するSI企業の導入目的とは?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用するSI企業の導入目的とは?

SFAを活用するSI企業の導入目的とは?

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業方法や理念を参考に生み出された営業を支援するためのシステムです。
営業支援とは銘打たれていますが、今まで多くのソフトに分散していた機能が一つにパッケージングされたような形で、書類の作成からコンプライアンス資料の閲覧、顧客情報の整理から営業進捗の報告、業績の分析やアポイントメントの管理など営業に必要なほぼ全ての業務をシステム上で行うことが可能です。
また、インターネットでお馴染みのクラウド型システムを採用していますので、クラウド型の特徴である情報を共有し同時に業務ができるという面も当然に生かされています。つまり、北海道支店と沖縄支店という距離的に離れた支店同士で同じ顧客情報を参照でき、青森支店と長崎支店というこちらも遠い支店同士でまったく同時に同じ資料を参照しながら協力して業務ができるということです。
これは非常に有用なことでしょう。
また、導入する際に特別な機材やソフトは不要です。インターネット回線と業務用PCが一台あれば運用が可能です。更に顧客に書類を印刷するためのコピー機が一台あって営業担当が一人いれば営業業務自体を回すことも可能になるでしょう。
機能が多く充分メインとして使えるシステムながら操作は簡単です。普段スマートフォンを使っている人ならすぐに操作に慣れることができます。
SFAを上手く活用することにより業務は確実に効率的になりますし、効果的に使用することで各業種の営業用として特化させることも可能です。

SI企業のSFA導入目的の一つに営業部門とエンジニア部門が案件情報を共有するというものがあります。
SI企業では顧客と応対する部署と顧客からの依頼システムを構築する部署が必ずと言ってよい程別になっています。
ですのでそれぞれの部署が同じ商談、同じ情報を共有するということはとても大切なのです。
そうでなければすぐに顧客からクレームが来ますし、会社内でも摩擦が起きるでしょう。
例えばSI企業が顧客からシステムの構築を依頼されたとします。依頼の際に営業部門が納期を定め、顧客の要望に応えることが可能だと約束してしまいました。ですが、エンジニア部門が顧客の要望を検討したら到底その納期では構築できないという判断を下しました。
またあるいはエンジニア部門が懇意にしている顧客にシステム不具合の修正を依頼された際に大よその予算を伝えてしまいました。ですが営業部門はその予算で見積もりを出すことは無理だと判断しました。
こんな顧客と部門との行き違いはSFAで情報を共有していれば容易に回避可能です。
SI企業のように商品を開発する部門と営業をする部門が異なっている場合はタッグを組んで一つの商談をまとめる必要があります。
案件情報を二つの部署それぞれで分けるのではなくSFAを使い共有することが非常に重要なのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る