本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用することがプロジェクト成功の鍵!②

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用することがプロジェクト成功の鍵!②

SFAを活用することがプロジェクト成功の鍵!②

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業理念や営業方法を取り入れ営業を効率化させるために生み出された支援システムです。
支援と銘打たれてはいますが実に多機能で、SFA一つを導入すれば多くのソフトに分散されていた書類作成機能や書類共有機能、顧客情報管理機能や営業戦略分析機能などを全て使用可能です。つまり、多くの機能がパッケージングされた営業業務に特化したシステムということです。
多機能でありながらインターネット上でお馴染みのクラウド型システムあることから初心者でもスマートフォンでネットサーフィンの経験があればあっさり使いこなすことができますし、他にソフトや特別な機材が運用に際して必要になるわけではないので非常に経済的で手軽です。
また、クラウド型の特性であるシステムに入力した情報は地域を越え、部署を越え、支店を越え、社員であれば誰でも共有しボタン一つで簡単に参照可能です。
つまりSFAは業務の支援から中心までを担うシステムであると同時に優れた情報共有システムという側面も持っているのです。
このSFAの機能を賢く使えば、悩みどころだった多くの雑務を効率化することが可能です。

例えば、顧客情報管理機能を使いこなせれば、今まで管理のために使っていた時間を遥かに少なくすることが可能です。
既得意顧客の情報管理を担当の営業が行っていた場合、それぞれの顧客ごとにファイルを作り情報を書き込んでいたり、紙媒体で付箋を貼ったりといったことが少なくありませんでした。アポイントをとった場合も自分の手帳に時間や予定を書き込むといったことが行われていました。ですが顧客情報管理機能を使えば面倒なファイル管理も必要なく、顧客情報の部分に商談の進捗や顧客からヒアリングを行ったライバル他社商品の使用状況などを書き込むことができます。進捗管理機能を合わせて使えば既得意顧客に対してはヒアリングした情報をもとに次の営業に繋げつつすぐにアポイント管理をすることも可能です。
顧客情報管理と進捗情報管理を合わせて使うことにより自分の手帳と顧客管理を合わせて行ってしまうわけです。
このように一つの機能だけ使って業務時間を削減することも可能ですし、二つの機能を合わせて便利な使い方をすることも可能です。

また、プロジェクトを行う場合は、クラウド型システム特有の情報共有機能が大きな力を発揮します。
過去のプロジェクトの資料データベースを作っておけば似たようなプロジェクトを行う場合は予算の立案からメンバーの決定まで参考にすることができます。
また、共有された情報の中から過去プロジェクトの素晴らしい成功例を確認し、その際のメンバーに補佐やプロジェクトの責任者を依頼することも可能になります。
SFAを使えば過去の事例を必死になって探す必要はなく、プロジェクトの中身に注力することができるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る