本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用すれば客観的営業データがとれる!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用すれば客観的営業データがとれる!

SFAを活用すれば客観的営業データがとれる!

SFAはSales Force Automationの略で、営業を支援するための極めて多機能なシステムです。
アメリカの営業理念や思考をベースに生み出されたクラウド型のこのシステムは営業に必要なシステムのほとんどが備わっています。業務ごとに購入していたそれぞれのソフトをまとめて一つにしてしまったようなものと言えば分かりやすいでしょう。
クラウド型ですから初心者やITに苦手意識を持つ者でも使いやすくすぐに覚えることができます。
また、使用する場合は特別な機材やソフトは必要ありません。業務用のPCが一台とインターネット回線があれば運用可能です。

SFAには様々な機能がありますが、営業業務をよりスムーズにするという点で書類機能システムは忘れられません。
この機能は書類ごとにテンプレートを考える必要もなく、見積もりや領収書などを手早く簡単に作成することが可能です。
また、作成した書類はデータとして全ての支店、全ての部署で確認可能です。
例えば施工業者の場合、営業が提示した見積もりに反しない範囲で施行を行う必要があります。
ですが、大抵は営業と施工を行う部門は別です。
情報や書類の共有ができなければ顧客に「そんなことは聞いていない!」と叱られてしまうかもしれません。
現に部署と部署で同じ顧客に違う説明をしてしまうことは有り得ます。ですが、営業が作成した書類の共有が行われていればこうしたお叱りも確実に減るでしょう。

また、SFAには優れた顧客情報管理機能があります。
例えば上記のようなお叱りを受けた場合、営業はその情報をすぐに顧客情報に記入します。
そうすれば自社に何が足りていないのか、問題点はどこなのかが客観的に可視化され改善のために動くことができます。
また、普段はほとんど顧客と営業という意味で接することのない施行部署がたまたま顧客から「前の業者より安いね」という言葉を聞き出せばそれを顧客情報に記入することによってライバル他社情報としても活用できるわけです。営業データの収集が他部署でもできる上にSFAで客観的情報として共有し活用できるのです。
顧客情報を整理し既得意客と新規顧客、見込み顧客という形で分ければその月、その週にどれだけの営業を行ったかも客観的に把握することが可能です。
SFAを上手く活用することにより営業の幅、情報収集の幅が広がると言えるでしょう。
また、客観的な情報の把握にも大いに役立つと言えます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る