本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFA利用時には営業担当の業務領域を明確化する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFA利用時には営業担当の業務領域を明確化する!

SFA利用時には営業担当の業務領域を明確化する!

SFAとはSales Force Automationの略で、多くの機能を備える営業支援システムのことです。
クラウド型のシステムですので操作性もよく操作も簡単です。PCに苦手意識を持つ社員も比較的楽に覚えることができますし、導入に際してソフトや機材を新しく買い揃える必要もありません。会社で使っているPCがあればそのままシステムを利用することができます。

このSFAは極めて多機能です。
今まで紙媒体や社員個別のPCに保存していたデータをシステムで一元管理し社内全て、全国の支店全てで共有することが可能です。顧客情報の管理も社員の誰か一人が入力することによって営業の履歴や取り引きの態様、既に所持している製品まで一目瞭然です。また、情報の共有をすることができるシステムという点に着目することにより社員教育資料や成功事例、失敗事例などをデータベース化することによりコストの削減や若手とベテラン問わずシステム自体を多くの社員の資料として活用可能です。
またコンプライアンス資料なども同じ方法で支店を越えて共有することが可能です。
この他にSFAには見積もりの作成機能などがあります。
書類を簡単に作成することができれば事務のコスト削減、効率化に繋がります。
また書類によっては保存期間が法定化されているものもありますので、紙媒体で保存せずに情報としてシステム上に保存すればその分処分する時のコストや保存する時のスペースの削減に繋がります。
SFAは上手く利用すると会社の業務をどんどん効率化、便利にしてくれるのです。

しかし、欠点もあります。
SFAの欠点はその機能の多さにあります。
機能を全て使いこなそうとすれば情報入力だけで一日が終わってしまいます。
あくまで営業支援、業務を効率化させることが目的のシステムであることを忘れてはいけません。
そして何よりも忘れてはならないのが情報は手に入れれば勝手にSFAのシステム上に入力されるわけではないということです。
必ず誰かの手により入力されなければならないのです。これを忘れてはいけません。
情報という面で考えるなら、一番吸い上げが多く入力する事項が多いのが営業担当でしょう。
しかし営業担当の職務領域を明確化しておかなければ、営業支援システムがかえって足を引っ張る結果になります。
営業担当は入力の多さで辟易し、不満を持つかもしれません。
そんなことにならないように機能の取捨選択を行い、営業担当が得るべき情報はどんなものか、システム上の反映させるべき情報はどこからどこまでかをきちんとルール化しておく必要があります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る