本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFA導入の失敗例の一つは入力に手間のかかる事

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFA導入の失敗例の一つは入力に手間のかかる事

SFA導入の失敗例の一つは入力に手間のかかる事

SFAを導入しても定着しないことに悩んでいる企業がたくさん存在します。

SFAが定着しない失敗例の一つが営業スタッフが営業情報を入力しない事です。
営業スタッフは忙しいので、手間のかかる入力作業を強いるシステムは、定着に失敗してしまいます。
解決に導くためには営業スタッフが望む簡素で負担のかからない設定と運用をすることが重要です。
SFA導入のときには色々な部署から色々な要望があがってきます。
これらの要望をすべて纏め上げた結果できあがるのは、何でもできる魔法のようなシステム構想が出来上がります。
気がつくと、これらの要望を満たすために現場にいる営業スタッフが一日の大半を入力作業に持っていかれる事になります。
SFA定着を成功に導くためには、どうやって現場である営業スタッフの負担が減らすのかや、営業スタッフにとってメリットのある機能は何なのかを考慮することが大事です。
どんなにシンプルなシステムであっても慣れるまでには負担がかかります。
そんな負担を少しでも和らげるためには入力も運用もできるだけ簡素にしておく事が失敗を防ぐポイントです。

折角SFAを使って営業データを沢山集めたのに、いざ分析しようとしたときに、どうしたらいいか分からないというのも、よく聞かれる失敗例です。
失敗しないためには導入する前に営業上の問題と問題解決に欠かせないデータはどんなデータかをはっきりさせて的を絞った情報を集めることです。

営業上の問題がはっきりしていても、どうやって解決するのかが分からないという失敗例もよく聞かれます。
失敗しないためには自分の会社にマッチした問題解決能力を持つコンサルタントに相談します。

会社の全拠点にSFAを導入したものの部署や営業スタッフによってシステムの活用度合いに差が出てしまうという失敗例もよく聞かれます。
失敗しないためには数年に渡って長期的に相談できるシステム開発会社を選定することです。
きちんとSFAを会社全体に定着させることができれば、営業活動の効率化や生産性の向上が見込めることが分かっているのに、システムの定着は大変困難です。
SFA定着を目指すときには問題意識もシステムの使いこなし具合も様々な沢山の利用者がいるのだということを、しっかり理解しておかなければならないのです。
それを考えると短期的に解決できない問題である事が分かります。
自分の会社にマッチした問題解決能力を持つコンサルタントに数年に渡って長期的に定着させるための相談を続けて行くことになります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る