本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFA導入時に営業プロセスを明確にする!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFA導入時に営業プロセスを明確にする!

SFA導入時に営業プロセスを明確にする!

SFAとはSales Force Automationの略で、営業支援システムのことです。
システムはクラウド型でPCに苦手意識を持つ社員でも使いやすく、また、導入に際して新しい機械やソフトを購入する必要もないため経済的です。また、SFAは極めて多機能であるため、今まで色々なソフトで補っていた営業支援面を一つで補完することが可能です。こういった面でも非常に経済的と言えるでしょう。

SFAは総合的なシステムです。
機能は一つではなく中に幾つもの機能がパッケージングされています。
中でも非常に優秀なのが顧客の管理システムです。
今まで紙媒体や各営業担当のPC内で整理していた顧客情報をシステム上で一元管理することが可能です。それだけでなく社内、ひいては日本全国の支店で一社員が入力した情報をボタン一つで呼び出すことができますので非常に便利です。これまでは担当しか知らないようなヒアリング内容や顧客情報を確認するにはその担当に直接連絡を取るか担当にパスワードを確認してPC内の情報を検索させてもらうしか方法がありませんでした。しかしSFAを活用すればそういった不便はありません。
社内のどこの部署、どの担当がヒアリングした情報も全て共有できますので例えば普段取り引きしている部署と別の部署が顧客と連絡を取る必要が生じた時には営業の履歴から所持しているライバル他社製品まで全て確認した上で連絡を取ることが可能です。また、営業の履歴をすぐに確認できるということは担当間だけでなく部署間で担当顧客の引き継ぎや営業の引き継ぎの必要性が出た場合も容易になるでしょう。これまでのように情報の擦り合わせを行う必要はなく、履歴から取引概要まで全て瞬時に確認できるのですから。
他にもSFAには見積もりをすぐに作成する機能や営業プロセスのデータベース化、成功事例や失敗事例のデータベース化、経営戦略やプロジェクトの目的の可視化など様々な機能があります。

ですが、この機能の多さが導入時に逆に弱点になると言えます。
SFAの機能全てを使いこなそうとすると時間が足りません。
顧客一人の情報を入力するにしても全ては人の手、時間が必要になります。ですから完璧に使いこなすそうとするのではなく、導入時に機能の取捨選択を行うことが重要です。
また、営業プロセスを可視化した上で、この段階ではこの機能でこれをやる、この段階ではこの機能の入力を行うというルールを導入時に定めてしまえば営業担当が戸惑うこともありません。
導入時に営業プロセスを明確にすることで、スムーズにSFAを使用することができますし仕事の効率化にも直結することでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る