本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFA技法によるプロジェクト成功について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFA技法によるプロジェクト成功について

SFA技法によるプロジェクト成功について

一般的にSFAによる営業支援技法を用いた対応でプロジェクトを成功裡に納める為には、様々な成功モデルの方式を再認識しなくてはなりません。
ベンダーやアプリケーションの選択は上記の営業支援技法に基づいたプロジェクト達成の為の指針であり、どのように案件処理対応を展開していくかによって変動が生じるので注意と適時の方向修正が必要です。
SFAベンダーやアプリケーションの選択による成功については実際のプロジェクト内容も重要ですが、それに参画する対象メンバーと全体像管理が充分であるかがSFA成功するか否かを左右することになります。
そしてSFAに関しても必要以上の機能の活用はできるだけ省いてシンプルな内容で推し進めることによって、初期投資を含めて膨れ上がってしまうプロジェクト範疇のムダを削いで対応することができるのです。
ただし上記の対応はあくまで初期段階でのものですので、そこではあれもこれもと言った様々な内容を含むのは得策とはいえません。
あくまでSFAプロジェクトを進めていく上で後から肉付けしていかなくてはならないテーマや協議内容を、徐々に拡張していくことが前提条件となるのです。
そのためにはガントチャートなどを用いた行程の管理を設計する時においても、プロジェクト結果とその相対効果を常に見据えた対応と注力が必要不可欠となります。
そして将来的に柔軟に対応することができるシステムの構築を見据えたSFAが必要になるので、様々な機能追加および仕様変更にもフレキシブルに問題判別できるスキーム作りが重要となってくるのです。
次に留意しなくてはならないのが、膨大な開発コストをプロジェクト内で如何にカットして最大の成果を発揮することが出来るか考慮することが挙げられます。
これらのスキーム作りでそれぞれの開発コストが極力掛からない対応システムを採用することこそが、SFAベンダーやアプリケーションを選択する際の重要ポイントとなり、プロジェクト達成を左右することになるので慎重に協議検討ならびに選択の最終決定をしなくてはならないということになります。
なおSFAを成功させる為には最低でもオンサイトにおける聞き込みや絞り込み、そしてどういう機能を活用して対応・達成していくかの指針を具体化することが重要です。
また不要だったり余計だと認識できている事象は極力削除していくことと、すべてのイメージを可視化することが最重要項目となるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る