本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SI企業におけるSFA導入目的は?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SI企業におけるSFA導入目的は?

SI企業におけるSFA導入目的は?

SFAとはSales Force Automationの略称で、アメリカの営業をベースに構築された営業を支援するためのシステムです。
営業支援が目的ですが、SFAは全ての部署の全ての業務で効果的に使うことにより業務を劇的に効率化することが可能です。書類作成やコンプライアンス資料のシステム上の閲覧、営業進捗の管理や顧客情報の参照、アポイントメントのチェックなど、今まで色々なソフトに分散していた機能がSFA一つに集約されており、運用の際は業務用のPCとインターネット環境があれば足ります。
クラウド型のシステムですので業務を効率化させる数々の機能の他に離れた部署や支店同士で情報を共有し同時に業務ができるという特徴も有しています。つまり東京本社と京都支店で同時に同じ業務をタイムリーに協力して行うことができたり、青森支店と宮城支店で書類をシステム上でやり取りし共同して顧客への商談などができるわけです。
情報の共有という特性と各種機能があるわりに操作は簡単です。インターネットでお馴染みのクラウド型システムですので新入社員やITに苦手意識を持つ社員でもスマートフォンの操作ができればすぐに覚えることができます。
このSFAの機能や特性を生かせば業種特有の活用方法も可能です。

SI企業におけるSFAの導入目的はエンジニア部門と営業部門がタイムリーにお互いの進捗を確認し合うことです。
例えばSI企業の営業担当が顧客のところに商談を持ちかけたら、システムに関する様々な質問をされたとします。納期は何時頃なのか、システムに要望は可能か等々です。こういった質問は営業の一存で答えることはできません。また、商談途中にある顧客にエンジニア部門が開発中のシステムはどのくらいで上がって来るのかと問われた場合も営業はなかなか答えることができません。適当に一週間や二週間と答えてしまうとエンジニア部門がその期間で仕上げられなかった場合は顧客から苦情が出ますし、もちろんエンジニア部門からも不満が出るでしょう。
SI企業だけでなく、商品の製造と営業が分かれているとどうしてもお互いがきちんとお互いの情報や進捗を把握していないと商談がとん挫してしまう場合すらあります。
ですからSFAを活用し進捗を管理する機能でお互いの進捗や商談の進展具合、顧客情報や顧客からヒアリングした内容などを確認し合い、連携して売り込みを行うのです。
納期や金額、仕様がはっきりしている企業としていない企業であれば前者の話を聞いてみてそれで良さそうなら商談を進めようと顧客は考えるでしょう。SI企業も同じです。
どうしてもそれぞれの部門しか答えられない顧客からの質問があるのですから、そこはきちんと情報を共有し協力して営業を行うべきなのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る