本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SI企業によるSFAの導入目的について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SI企業によるSFAの導入目的について

SI企業によるSFAの導入目的について

SI企業は顧客の業務内容を分析することによって、それぞれの企業にあった情報システムを企画して、最終的には運用まで行う企業のことで、SFAの導入目的としては営業担当者の負担を減らすと同時に進捗状況をリアルタイムで把握することでマネージャーと営業との意思の疎通を素早く行うことです。一般的にSI企業では大規模なシステムの導入が行われるので、営業担当者の能力に依存する面が多いとされています。

SFAは営業支援システムなので導入することによって、企業の営業活動が活発になり、またコストを削減することができるので、資金を効率的に運用することができるようになります。またSFAを導入することによって、投資家からの評価が高まるので資金を集めるのも用意になります。基本的には多くの顧客を管理している大企業が導入するのですが、多くの部署で情報を共有するために中小企業でも導入が進んでいます。

SFAを導入するとSI企業のように大規模なシステムを導入している企業内の情報データの運用が素早くなるので、意思決定までの時間を短縮することができるので、無駄のない営業活動をすることができて、SFAを導入していない企業に比べると幅広い営業活動をすることができます。また事務処理プロセスを自動化することができるので、営業や事務の人件費を削減して、故人の能力に依存しないシステムを作ることができます。

もともとアメリカやヨーロッパで盛んに研究がされていた分野なので、日本での普及は欧米に比べると遅れているのですが、情報インフラの整備が進んでいることからSFAを導入する企業が増加しています。またタブレット型端末などの進化によって、営業方法も変化しているので、データベースを共有しなければ顧客の管理や情報の利用が難しくなっているという現実もあります。

SI企業は大企業のシステムに関する膨大な情報を把握しなければならないので、SFAが必要不可欠になっていて、業務を効率的に運用するために様々な部署で情報を共有して迅速な営業活動を実現しています。また企業がグローバル化することで、競争相手がアメリカやヨーロッパの企業である場合が多くなっているので、日本でもSFAを導入して海外の大企業に負けないシステムの構築が急がれています。また顧客情報の管理や分析なども含んでいるので、事務処理と営業の運用を一体化して効率のよい企業活動をすることが可能になっています。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る