本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SI企業のSFAの導入目的とは?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SI企業のSFAの導入目的とは?

SI企業のSFAの導入目的とは?

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業方法や営業理念をもとに生み出された営業支援システムです。
支援システムではありますが書類の作成から会社の重要会議書類のシステム上での閲覧、進捗の確認からアポイントメントのチェック、顧客情報の入力やカテゴリ分けまで可能です。上手く活用することで支援だけでなくメイン業務もSFAを中心にこなすことができ、事務部門や企画部門もシステム上でほとんどの業務を行うことが可能です。
また、SFA自体がクラウド型システムとして設計されています。
クラウド型システムはインターネットサーフィンをする人にはお馴染みのシステムですからすぐに使い方を覚えることができますし、離れた支店や部署同士でもシステム上に情報を置けば即座に共同作業、共有が可能です。
運用に際しては特別なソフトや機材の追加は一切必要ありません。部署に業務用PCが一台あってインターネット環境が整備されていればすぐに運用可能です。極端な話、SFA導入環境に顧客へと書類を印刷するためのコピー機が一台と担当が一人いれば、それが個人営業であれ法人営業であれ業務を回すことも可能です。
また、特性と機能を効果的に使えばそれぞれの業種に合った使い方も可能です。

SI企業のSFA導入目的の一つは、コンタクトセンターで受けた顧客の相談に対し迅速にサポート対応することです。
SI企業だけでなく、顧客情報の管理は顧客と直接応対する担当が管理している場合が多いでしょう。
一昔前までの顧客情報はまさに担当一人一人が所有し記載するブラックボックスのようなもので、同じ部署内であってもほとんど共有されることはありませんでした。共有したくても日常業務の合間に時間を取って膨大な顧客情報の擦り合わせなどなかなかできなかったのです。ブラックボックス化はしたくてしていたわけではなく、業務量や情報を共有するシステムがなかなかなかったという問題からせざるを得なかったのです。
しかしSFAを導入すれば顧客情報を応対担当が入力すれば瞬時にどこの部署の社員でも参照することが可能になります。
これは顧客のサポート対応では大きな力となります。
SI企業特有のシステムに対する要望や使い方の問い合わせ、不具合などを顧客情報を参照しながらコンタクトセンターで応対し即座に担当やシステムを構築した部門へと回すことができます。それによってシステムに対し深い造詣を持った社員や設計者が自ら対応もできますし、問題点を解決しに顧客のもとへ向かうことも可能です。
SI企業においては顧客への迅速なサポートのためにもSFAは活用されているのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る