本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SI企業のSFAの導入目的は何か?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SI企業のSFAの導入目的は何か?

SI企業のSFAの導入目的は何か?

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業戦略や営業方法をベースに生み出された営業支援システムを指します。
営業支援といってもSFAの機能は多く、書類作成からアポイントメント管理、顧客情報の整理に営業進捗の報告までほとんどの業務をこのシステム上で行うことが可能なため、メインとしても十分に使うことが可能です。また、営業部門だけでなく事務部門やカスタマーサービス、製造部門など幅広い職分で活用が可能です。今まで各部門でそれぞれ活用していたソフトを一元化した会社全体で使えるシステムと言えば分かりやすいでしょう。
システムはインターネットでお馴染みのクラウド型を採用しており、新入社員やITに苦手意識を持つ社員でも常日頃からスマートフォンを操作しているなら簡単に覚えることが可能です。また、運用に際しては特別な機械やソフトは不要でインターネット回線の整備と業務用PCを要するだけなので実にお手軽です。
そのわりに多くの機能とクラウド型システム特有の遠隔地間の部署や支店間でも情報を共有でき同時に業務が可能という特性を備えているわけですから、個々の機能を色々なソフトに頼るよりも経済面でもシステム面でも効率的と言えるでしょう。
このSFAの特性と機能をきちんと把握すれば、各業種に特有の使い方も可能です。

SI企業のSFA導入目的は他部門で案件を共有することにより機会ロスを防止することです。
SI企業の場合、顧客に商談を持ちかける営業部門と顧客の要望でシステムを設計開発するエンジニア部門は離れていることが常です。エンジニア部門が顧客とまったくやり取りしないわけではありませんが、主に商談は営業部門が行いエンジニア部門は開発を専門に行うことでしょう。こういった場合、部署間の情報の共有と協力が特に重要になります。
顧客がSI企業にシステム構築を依頼したいと持ちかけて来た場合、営業担当が見積もりを即座に顧客に提出したとします。その際に顧客が納期は何時頃になるのか、システムに要望を出すことは可能かなどを質問することでしょう。しかし営業担当はシステムの開発は行いません。勝手に答えてしまえば、システムが途方もなく構築に時間を要するものであればエンジニア部門の担当からも顧客からも苦情が出ることになります。ですからSI企業では営業担当とエンジニア部門が協力し営業にあたる必要があるのです。
SFAで情報を共有すれば予定を合わせて営業とエンジニアが共に顧客との応対が可能です。
SFA上でお互いの予定を確認し擦り合わせを行えばいいのです。
また、顧客情報を参照した上で営業面と開発面から適切なまったく同時に商談を持ちかけることができます。
こうした二部門の協力により顧客をライバル他社に取られず確実にチャンスをものにすることができます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る