コラム

SFAを活用することで営業はどのように変わる?

SFAを活用することで営業はどのように変わる?

営業は本当に企業の要?

企業にとって、重要な仕事とはどのようなものなのでしょうか。日本では、営業が大切だという考えが根付いていることもあり、実際にこの仕事によって支えられている企業が多いのは事実です。しかし、全てこの仕事が軸となっているのかというとそうではありません。確かに企業の商品を売り込むためには、その売り込むための人達が必要なのですが、あくまでそういう方が活躍する場所は新規開拓の場合です。既にルートが確立した場合は、自動化することも可能だと言えるでしょう。
特に、ルートの場合はネット上で案件管理することも可能な場合もあります。そのため、近年は専門のツールによって最小限の負担に抑えているところも多くなっています。この点を自動化することで、仕事自体はとても楽になる訳です。だからこそ、近年は日本の企業にも専門のツールを導入するところが多くなっています。それらをSFAと言って、活用する企業も増加し続けています。特に仕事を効率化させたいと思っている会社は取り入れるべきものだと言えるでしょう。
今後、日本の営業に関しては立ち位置も変わってくるかもしれません。よりSFAが進められるようになり、重要な仕事の価値観も変わってくる可能性が高くなっています。企業が企業として成長していくためには、これらの仕事は必須でしょう。しかし、だからこそそこに重点を置きつつも、最小限に負担を減らしていくことが必要となる訳です。そうすれば、企業の成長に必ず繋がっていくはずです。

間違った営業の効率化

営業の効率化と聞くと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか。人員削減やルート確立、商談の成功率をアップさせるなど、色々な方法が考えられます。しかし、日本の場合は現行の方法を進めることが多く、なかなか改善できないことも多いです。だからこそ、近年はSFAなどの導入によって企業のあり方も変わってきています。例えば、効率が良くなれば、その分社員の負担も低下します。負担が少なくなればなるほど、実際に他の仕事に割ける時間が多くなり、最終的に企業の成長にも繋がっていく訳です。そうやって日本の企業は成長を重ねてきました。
ただ、中には間違った効率化を目指す企業もあり、人員削減をし過ぎることによって手が回らなくなることもあります。企業がやっておくべきこととしては、とにかく社員の負担を減らすことが最重要課題です。働けなくなれば本末転倒ですし、忙しすぎても仕事が回っているとは言えません。SFAは社員の負担を減らし、最適な収益を生み出すのが根源となっていて、それ自体が会社の軸となり得ます。会社を守っていきたい経営者の方、社員を大切にしている会社の役員の方などは、未来の経営のためにSFAを取り入れてみてはいかがでしょうか。
経営方法に「間違った方法」というのは、もしかしたら存在しないのかもしれません。しかし、最適なアプローチをすることによって、企業が成長することは間違いないでしょう。いわば、SFAの専用ツールなどは、企業が企業として成長していくために必要不可欠なものなのかもしれません。今後のさらなるツール開発に着目し、積極的に導入してみてはいかがでしょうか。

SFAを活用するとどうなる?

近年日本の企業にも多くなってきた、SFAを導入することについて、「導入すれば具体的にどのように変わるの?」と疑問に思っている方も多いかもしれません。導入するメリットとしては、第一に効率が良くなる、第二に手間が省ける、第三に“見える化”できる、第四に社員の仕事の負担が減るなど、色々な利点があります。昨今導入している会社も増加していて、近年は専用のツールとして人気です。
仕事自体がシンプル化されるので、新人や新入社員の教育にも活用できて、近年は多くの企業が認める方法となっています。企業の仕事をよりシンプルにし、人間が行うのは最小限の仕事だけにすることで、より企業の成長に繋がる訳です。
コストが削減できるのも、さらに大きな点だと言えるのではないでしょうか。仕事自体の効率が良くなるので、人員削減にもなりますし、それに伴う費用も削減できます。また、時間の短縮にもなるため、他の仕事に費やす時間も多くできます。そうやって効率的に仕事を回せるようになることこそが、企業の成長に繋がるのです。SFAは具体的に範囲が決まっているということはなく、それぞれの仕事に活かすことができます。そのため、近年は提供されているツールの幅も広くなっていて、色々な仕事に活かせるものも増加しています。便利かどうかは企業によって変わってくるものの、活用方法によっては優秀なものも多いです。
便利なツールが増えることによって、企業の仕事はより一層楽になります。楽になれば社員も活き活きと仕事ができるようになり、雰囲気も改善されるでしょう。そういう可能性を秘めていると思えば、SFAの活用は積極的に進めておくべきだと言えます。

 

 

営業にSFAを取り入れるメリットは?効率化で業績安定

業績悪化に悩む企業

不況から脱却しつつある日本ですが、まだまだ業績悪化に悩む企業も多くあります。業績自体は、会社の質や商品によって変わってくるのですが、近年はそもそも購買意欲が低下してしまったという方も多く、企業もあまり積極的に動けなくなっています。当然攻める活動ができなくなっているので、革新的なアイディアも生まれず、悪循環が続いているのです。そういう現状を打破するために、近年はSFAなどを取り入れる企業が増加しています。これは簡単に言えば、効率化を図ることを言い、ツールのことを指すときもあります。
実際にSFAのツールにはどのようなものがあるのかというと、営業管理などができるものが多くなっています。営業する方をサポートし、仕事自体をシンプル化していくことによって、負担を最小限にします。ですから、導入するだけで負担を減らせることがあります。例えば、ルート営業で活用する場合、必要に応じてネット上で共有して、そこから注文や依頼を受ける方法もあります。これらを活用すれば、より社員の負担も減る訳です。そうやって効率化が進めば、業績悪化も削減できるでしょう。
業績が悪化すること自体は決して悪いことだとは言えません。購買意欲が低下している顧客が多くなり、資金力が低下している企業が増加している背景があっては、仕方ないこととも言えます。しかし、その現状を打破することができるツールなどもあるので、取り入れる価値はあるのではないでしょうか。そうやって対応していくだけで、企業の多くは業績も好転することが多いです。諦めずに色々なツールを試してみましょう。

営業のコスト削減は難しい?

営業に重点を置いている企業はとても多くあります。日本では、それぞれの企業ごとにイデオロギーがあるため、仕事によって差異が出るでしょう。さらに、ネットが普及したことで、社内で回せる仕事が多くなっています。例えば、今までは足を使って取ってきた仕事ですが、ネットがあれば新規開拓すらできてしまうものとなっているのです。現行の営業方法では、すでに通用しなくなっているほど、ネット社会は加速しています。特にルートなどの販売では、新しい顧客や取引先ではないため、ネットで十分対応できることも多いです。
SFAでは、そういうネット社会を活用して、より仕事をシンプル化することを進めています。仕事がシンプルになればなるほど、企業の負担は減っていくでしょう。仕事を取ってくるそれぞれの社員の負担も減るため、全体的に会社の負担が軽減されます。近年は新規開拓もルートも自動化する傾向が見られ、人の介入も最小限にすることが増加しています。この背景には、やはり社員の負担を減らしたいという経営者の考え方が見て取れるでしょう。そして、それをサポートしているのが専門のツールなのです。
削減できる無駄な点を見つけて、作業や仕事も徹底して減らしていくことこそが、次世代の経営だと言えます。最小限の仕事で最適な給料さえ得ることができれば、社員の幸せにも繋がっていくでしょう。まずはそれぞれのツールの導入を考えてみて、その上で経営を進めてみてはいかがでしょうか。おそらく企業のあり方も変わってきます。

SFAを導入するのを怖がる日本企業

海外ではSFAを導入することは一般的となっています。人が介入すべきところは介入し、効率化できるところは効率化するのが一般的です。また、SFAを導入すれば、ネット上で様々な情報共有ができるようになるため、外出中の営業マンなども仕事が楽になる訳なのです。その他、トラブルやクレームを処理できるツールもあって、常用収集や分析などにも活かすことができるものもあります。SFAのツールは色々なものが開発されているので、気になる経営者や役員の方は活用してみてはいかがでしょうか。
企業によっては、これらのサービスを導入することに恐怖心を抱いているところもあるでしょう。現行の方法を改善していくことは難しいと考えているため、なかなか新しいものに手を出さない傾向が強くあるためそのような考えに至る場合があります。しかし、ツールは導入するだけで、即日で使えるものもあります。何もすべてを変えるという訳ではないので、トライできるものは使ってみても良いのではないでしょうか。そうすれば、企業の経営が好転することは確実だと言えます。実際に効率化できれば、コスト削減にもなり、経営もより一層安定化することでしょう。
変わっていく社会に対応して、企業の経営方法も変わっています。特に近年はネットを使った方法などがメインとなっていて、より多くの方が仕事の効率化を求めているのです。それを導入できるかどうかというのは、企業にかかっていると言えます。社員の負担を減らし、無駄な仕事も削減し、コストも減らすことによって、より安定かつ長期的に経営できる会社を目指してみましょう。そうすれば、未来は変わってくるかもしれません。

 

 

情報資産を有効活用するために!営業にSFAを導入すべき?

情報資産の無駄遣い

情報資産を無駄遣いしている企業は、日本に溢れています。このネット社会において、情報はとても重要なものなのですが、中小企業の多くはあまり情報を活用できていません。例えば、営業で「商品Aの売れ行きが凄い」という結果があった場合、それを結果とだけ見て、後は特に改善しないことも多くあります。そこから情報収集とデータ分析を取り入れて、「なぜその商品が売れたのか」「どういう用途で使われているのか」「時期などはどうなのか」などについて解析していくことが重要となります。それができるかどうかで、その後の商品開発にも影響が出てくるでしょう。そういう点について解析するのにも活用できるのがSFAだったりします。
SFAは単なる営業の効率化だけではなく、情報収集・データ分析も兼ねています。また、それを最適化して、よりシンプルな仕事だけを行なえるようにするのも特徴です。仕事というのは複雑化すればするほど社員の負担も大きくなるため、よりシンプルにしていくことが大切でしょう。ただ、それには情報が必要不可欠ですし、最適な形で最適な量だけを提供できるようにしなくてはなりません。色々と注目されている中で、近年はネットを活用したツールが人気となっているので、それらの導入も同時に考えてみてはいかがでしょうか。
近年の企業は情報資産を無駄遣いしていることが多いため、より改善が必要なことも多いです。まずはその点を理解して、対応していくようにしましょう。情報はいかに活用していくかが重要なので、活用できるものは活用していくべきです。最近は情報をネット上で共有できるツールなどもあるので、使えば便利なものが多くなっています。それを活用して情報をより便利なものにしていけるかどうかは、その企業にかかっています。

営業は情報力がモノを言う

企業の営業というのは、情報がモノを言う世界となっています。「あの会社にはあの商品」「あの顧客にはこの商品」というように、色々な商品を提供する時に活用できます。そのためには、何がトレンドなのかも知らなければなりませんし、営業マン同士で情報収集したものを共有することが必要です。ただ、外回りの最中などは情報を活用できないことが多く、会社に帰ってきてから確認するなど、無駄になっている時間も多いです。そういう時こそ、便利なツールを使っていくべきなのではないでしょうか。近年はSFAというものが増加していて、これらを導入することでより仕事が効率よく行えるようになっています。
企業の中にも導入するところが多くなっていて、情報共有はもちろん、シンプルな仕事にするためのツールとしても活用されています。例えば、「近年はどういうものがトレンドで何が売れる」というような情報は、それぞれの営業マンが知っておくべき情報です。これを即座に共有することで、より仕事も効率的にすることができます。わざわざ会議を開いたり、直接話をしにいったりする必要もなく、社内で情報共有することが可能です。海外ではすでに主流となっていて、社員同士があまり積極的に会話しなくても、効率よく仕事ができるようになっています。
仕事自体は近年幅が広がっているのですが、ツールが登場していることによって、最適化できています。この最適化によって、内容もさらに変わってきていると言えるでしょう。SFAという効率化が進めば、今後の日本企業のあり方も変わってくるかもしれません。

営業にSFAは導入すべき?

営業にSFAを導入すべきかどうか聞かれれば、間違いなく導入すべきだと言えます。まず、これらを導入することによって、情報を“見える化”することができます。視覚的に情報を捉えられるようになれば、仕事に活かすことはもちろん、現在企業が置かれている状況も把握しやすいです。その他、導入すれば仕事をシンプルにすることも可能です。例えば、従来の営業などは外回りが必要で、新規開拓もルートもとにかく相手のところに行って、話を進めてきたという方が多いでしょう。しかし、この手のツールを導入すれば、より負担を削減することが可能です。ルートが決まっている場合は、提供する商品の内容や個数だけ指定してもらえれば、後はネットの作業だけでも十分対応可能な場合もあります。
そうすることで、企業の仕事の形は大きく変わることも考えられます。これから仕事はより効率化され、最適なものを最適な形で提供することが最重要となるでしょう。SFAに関しては、近年日本にも根付いてきて、より一層ツールなども充実してきています。取り入れるべき企業も日本に沢山あるので、まずは導入を考えてみてはいかがでしょうか。そうすれば、確実に良い結果をもたらしてくれるはずです。なお、ツール自体は簡単に導入できるので、特に難しいということもありません。
そうなれば、とりあえずは試運転的に導入してみる価値もあると言えます。営業などの負担を減らしたい場合は、仕事をシンプルにできるSFAが必須です。社員の負担を減らしたい方、従業員の作業を減らしたいと考えているのであれば、一度導入の検討を考えてみませんか。

 

 

営業プロセスの改善に便利なSFA!営業を見える化しよう

従来の営業プロセスは変えるべき?

企業が成長していくためには、既存の方法だけでは先に進めないことが多くあります。しかし、だからといって、従来の営業プロセスを変えてしまうというのは、もったいないという考えもあるでしょう。それまでに培ってきたノウハウやテクニックがあるし、そのプロセスで生き残ってきたなら、それが企業の強みとも言えます。しかし、近年は企業の営業にも変化が見られ、方法もより最適化されているのが特徴です。日本でこの仕事は特殊なスキルが必要なものだと言われてきた反面、誰でもできる仕事とも言われてきました。しかし、だからこそそれぞれの社員や従業員によって、内容も変わってきたのです。
今後は従来のプロセスを変えるのではなく、SFAによって最適化していくことが重要です。例えば、内容自体はとても良いのですが、まだまだ無駄になっているところがあるでしょう。例えば、ルート営業などは相手の会社に行く必要がないということです。ルートが決まっている場合は、注文の量や依頼数だけで取引が可能です。そこでわざわざ顧客のところに出向いていては効率が悪い場合もあります。そこで、近年はネット上で取引できるようにするツールなども増加しています。いわゆる半自動化を進めることによって、企業のあり方も改善している訳です。
今後、日本企業の営業方法はまだまだ改良の余地があります。無駄を省いていけば、それこそ最適な利益だけ生み出すことができ、最終的には効率が非常に良い方法で経営を進められる訳です。これからはそういう点を重視した経営が必要となるため、専門のツールなどの導入を進めた方が良い場合もあります。実際に取り入れれば、企業の価値は格段にアップすることでしょう。それが成長に繋がります。

見える化すべき営業の仕事

SFAによって、仕事を“見える化”する企業が多くなっています。SFAとは、簡単に言うと仕事の効率を高めるための方法やツールのことを言い、導入することで企業を根本から改善していくことが可能なものです。海外ではこの考え方が主流となっていて、より社員を削減し、最適な形で仕事を進められるようにしています。もちろん、仕事の中でも無駄な作業や手順が削減できるので、効率自体はとても良くなるはずです。それが判断できるかどうかによって、仕事の内容も大きく変わっていくでしょう。
仕事が見えるというのはどういうことかというと、例えば情報共有などがあります。会社内でも、情報共有するというのは、意外と難しいこともあるはずです。しかし、専門のツールなどを取り入れれば、ネット上で情報共有できるものもあり、外出中なども確認できるようになります。そうなれば、わざわざ会社に戻ってきてから確認するということはなくなるのです。つまり、無駄なポイントを削除していき、最適な仕事だけを残していけるということです。これを導入すれば、無駄な仕事は全て自動でツールに任せて、最低限の仕事だけ人間が行うということもできます。
こうやって日本企業の仕事は近年変化していて、これからも最適な仕事だけが残っていくと言えます。全て自動化することはできませんが、ツールを導入すればするほど、社員の負担は減らせます。強いては社員教育をスムーズにすることにも繋がるし、トラブルやクレームの処理も対応しやすくなるでしょう。使い方でかなり便利になるのが、近年のSFAツールなのです。

SFA導入で営業効率アップ

営業の効率をアップさせるためには、どのようなことが必要だと言えるでしょうか。本来営業の仕事は、社員が他の会社や取引先に行ったり、新規開拓で顧客を獲得してきたりすることがメインとなります。本来は自分の足を使って行うことから、外回りで負担を感じている社員も多いのが特徴です。従来の日本の場合は、効率アップのために、社員のコミュニケーション能力を高めようとしたり、スキルをアップさせようとしたりしてきました。それも重要なのですが、根本的なシステムを改善しないと良くない点もあります。
例えば、ルートなどが決まっていて販売する場合、特に自分から出向く必要はありません。しかし、日本の場合は毎回出向いて営業したりしていることも多いです。そういう点を半自動化すれば、かなり効率が良くなります。ある種、人間が介入しないことによってミスも少なくなります。海外企業の中にはすでにSFAを進めていて、企業も最小限の労働力で最適な利益を生み出すことに成功しているところもあります。
日本の経営方法が悪いとは言いませんし、実際に良い面も多いのですが、効率を良くできる点はまだまだ多いです。今後は、その点を改善していけるようにSFAを取り入れていくと良いでしょう。効率化ツールも色々なものが多くなっているので、自分たちの経営方法に合わせて色々と試してみると良いのではないでしょうか。効率を良くするために必要な選択肢さえ間違わなければ、まだまだ成長できるはずです。その点も含めて、積極的にトライしてみましょう。

 

 

TOPに戻る
ページ先頭へ戻る