本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業管理ではSFAが重要!コスト削減で経営を安定化

2017.03.17

営業管理ではSFAが重要!コスト削減で経営を安定化

コスト削減が経営の鍵?

企業にとって何が重要かといえば、やはりコスト削減でしょう。どれだけ売り上げがあってもコストが高ければ、利益自体は相対的に低くなります。企業が企業として活動をしていくためには、営業から経理、総務まで人的なコストがかかりますし、その他商品を提供する会社の場合は、その商品を作るための原材料や製造費などもかかるでしょう。それをいかに効率化していくかが、重要な鍵となります。経営の鍵となるのは、コスト削減なのです。だからこそ、近年の企業ではSFAを取り入れることによって、経営のコストを削減しています。
SFAを導入することによって、近年は営業管理なども徹底されてきています。仕事の中には無駄になってしまっているものも多く、例えば、営業では大きく分けて新規開拓営業とルート営業がありますが、ルート営業などは効率化がしやすいものと言えます。わざわざ取引が決まっている相手に対して、営業マンを派遣して仕事を取ってくるという必要はない訳です。海外などではルート営業は自動化しているところが多く、その点は人員の削減に成功しています。このように、効率化を図ることによって仕事自体も安定化させているのが、近年の経営方法なのです。
安定した経営を目指しているという場合は、まずは無駄な作業や仕事の自動化を進めることが重要となります。なお、近年は専門のSFAツールなども提供されていて、そちらを導入することで効率を高めているところも多いです。専門のツールを使えば、営業管理だけではなく、トラブルやクレームの処理をしたり、社内で情報を収集・分析・共有することも可能になります。それらの全ては、安定した経営の見直しへ繋がる重要なプロセスだと言えるでしょう。

営業管理でコストを最小化する

企業が利益を追求するにあたって重要なのが営業の仕事です。新たなクライアントを得るだけではなく、既存のクライアントと現状とは違う案件で契約を行う、現在契約している案件もいかに継続して依頼をしてもらえるか、といったことは企業を運営するにあたって非常に重要な点です。従来日本での営業といえば長年の経験などがものを言う分野とも考えられていましたが、それではコストがかかると考える企業も少なくありません。会社でコストがかかる仕事に関しては、その部分を最適化して安定させていくことは企業運営において必要不可欠です。
特に近年は管理に対して重要度が高くなっていて、その点を効率化していこうという流れが見えます。コストを最小限に抑えるためには、企業内の仕事を徹底的に管理していくことが必要となるのです。まずは、その点を考えて経営を進めていけるように、専門のツールなどにも目を通しておくことが重要ではないでしょうか。
企業が企業として成長していくためには、効率化は欠かせないポイントだと言えます。特にそれぞれの仕事で無駄にかかっているコストがある場合は、専門のツールを使って削減してみましょう。場合によっては数十万円から数百万円ほどが浮くこともあるので、導入することによって企業の質が高くなっていくことは確実です。コストが削減できれば、利益もそれに準じて多くなるので、社員はもちろん、従業員全てに還元することもできるのではないでしょうか。強いては、それが企業の強みになります。
そうした流れのもと、現在では営業に関しても効率化を進めている企業は多くあります。SFAなどのシステムを使用することはその最たるもので、科学的な根拠に基づいて効率化し営業を行う、ということが可能になっています。

SFAはコスト削減も可能

SFAはコスト削減に向いています。常に最先端の仕事を開拓していくにあたって、システムを改善して可視化することはとても重要です。SFAなどを取り入れれば、情報収集から分析、共有まで楽にできるようになるため、企業内でのプロセスも視覚化できます。そうやって近年の多くの企業は効率化を目指していて、SFAの重要性も増してきていると言えるでしょう。
これからの企業は、コスト削減がメインの舵取りとなり、いかに効率よく仕事をしていくかが鍵となります。そのためには、情報を共有して、最適な形で対応していくことが必要となるでしょう。そのような時こそ、SFAを活用して企業の効率を高めていくことが重要です。近年登場している専門のツールを積極的に導入して、より企業のワークフローを改善してみてはいかがでしょうか。そうやって企業が成長していくことが、専門ツールの目的であり、目標とも言えます。
近年では様々なツールが登場してきており、どのような企業においても活躍できるシーンが増えています。これから使いたいと思っている方は、まずは提供されているツールの内容をよく確認してみてください。そうすると、企業にマッチする最適な経営の方法が見えてくるはずです。そして、企業は安定し、より実績を重ねることにつながるでしょう。次の目標に向かって、まずはツールを導入してみましょう。

人材もSFAで育成!営業管理しつつ人材教育にも活かそう

人材育成は企業の重要な要

企業にとって人材教育はとても重要なものであると言えます。いわば、人材は資産であり、財産であると言えるでしょう。企業にとって重要なのは、その人材を育成することです。近年はなかなか優秀な上司がいなかったり、先輩の教え方がなっていなかったりすることで、あまり成長できない環境にいるという方も多くなっています。そのような時に活用したいのが、SFAなどの専門ツールです。実際にこれらを導入することによって、営業管理がより円滑に進めることができ、社員も情報共有がしやすくなります。情報共有ができるということは、その分新人や新入社員も仕事を把握しやすくなるのです。
例えば、ある企業にルート営業があるとして、その仕事がSFAによって可視化されている場合、どのように仕事を進めれば良いのか分かりやすいものとなります。仕事もシンプルに最適化できるため、新人や新入社員でも理解しやすくなるのです。このように、よりシンプルで効率の良い仕事ができるようにするツールが、現在ビジネスでは取り入れられ始めています。
人材が育たない企業は、未来まで長く続く会社とは言えないので、結果的に数十年後には経営が悪化している可能性もあります。人材を育成するために、SFAの導入は今後必要不可欠でしょう。また、仕事というのは、まだまだ効率的にできるところもあるはずです。特に営業などは、無駄な仕事や作業が含まれていることも多いため、しっかり管理をすることによって、仕事もスムーズにこなしていくことが可能です。専門のツールが提供されている今だからこそ、より社員の負担を減らせるような方法を見つけていくことが先決であると言えるでしょう。そうした未来を見据えた経営方法をとることこそ、唯一将来的に生き残れる方法です。

営業管理と人材育成をSFAで

営業管理と人材育成というのは、別物のようで実は共通している点も多いものです。例えば、もともとある仕事が効率化できれば、それを教えるのも簡単になります。教えるのが簡単であれば、新人や新入社員も飲み込みが早くなり、即戦力になってくれる訳です。日本の企業の中には、仕事が複雑化しているところもあるため、そういう無駄な点を削減していくことが必要だと言えます。それを実現してくれるのが専門のSFAツールなのです。SFAには様々な種類が出ていて、近年は起業活動のサポートとして導入しているところも多くなっています。仕事をシンプルにすることはもちろん、視覚的に把握しやすい状況にすることによって、社内での情報共有のレベルも格段にアップします。
人材育成というのは、企業にとって大きな出費となります。しかし、良い人材を教育していくことさえできれば、会社の財産となることは間違いないでしょう。そこで、難しい仕事だからこそ給料を与えるのではなく、難しい仕事をシンプルにして、よりワークシェアリングを進めることが、社員の負担を減らすことに繋がります。そうしてシンプルかつ最適な方法を見つけていけば、企業はもちろん、人材もより一層成長していけるはずです。なぜなら、社員が自分で育てる環境になるためです。
近年は色々なSFA活用方法が登場してきています。自動化できるところは自動化し、必要なところに人員を割くことによって、より企業の活動方法は効率的になっていくでしょう。まだまだ日本の企業は成長ができるうえ、より効率化も図れるはずなので、SFAの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

仕事の効率化は企業が生き残る道

仕事の効率化は、企業にとってとても重要なものであると言えます。例えば、10人で行っている仕事を5人でできるようになれば、その分のコストを削減することが可能です。あくまで極端な例ですが、SFAを活用することによって、実際にコストの削減に成功している会社も多いです。さらには、仕事がシンプルになるだけに、他の仕事に割ける時間も多くなり、その浮いた時間を人員育成などに活用している企業も増加してきています。一言でSFAとは言っても、その活用方法は無限大だと言って良いでしょう。
仕事というのは、大人数でやればやるほど、人件費がかかるものです。企業にとって人件費はとても大きな費用となるため、それを削減することはコストの削減に繋がります。また、残業が多い企業もツールを活用することによって、残業時間を減らすことが可能です。もともと支払わなくてはならない給料と、それにプラスして残業代が必要となるのは不毛です。近年の企業においては、しっかり仕事をして、しっかり就業時間内に仕事を終えることこそが、一番の課題となっています。それを実現してくれるのがSFAだと言えるのではないでしょうか。
日本の企業には魅力的な面も多く、実際に人と人が協力して活動するというのは、日本企業ならではの強みとも言えます。しかし、労働人口が減少している現代では、ゆくゆくは働ける人というのはとても貴重な財産となるでしょう。それを守っていくためにも、効率的な方法を見つけて、企業の経営を安定化させていくべきです。それが実現できるのは、もはやSFAなどを取り入れることくらいなのではないでしょうか。

SFAを使って営業効率化を図ろう!管理が全て

営業は自動化すべき?

営業という仕事は一般的にどの会社にも必要なものです。近年は営業という仕事においても管理の効率化が図られていますが、営業の仕事は効率化することが難しいものです。特に日本はこの仕事が会社の軸となっていることもあり、本質を根本から改善していくというのは難しいでしょう。昔から人情や仁義で通ってきた文化があるため、どうしても人と人との付き合いというものを第一に重視する企業が多いという訳です。ただ、本当にそれで良いのかというと、難しい点もあるかもしれません。
企業が生き残っていくためには、ある程度無駄な仕事や作業を省くことが必要です。例えば、ずっと取引してきたルート営業先などと仕事をする時は、すでに発注数や依頼数もおおよそわかっている場合が多いものです。そうなると、いちいち相手方の会社に向かって、そこで話をしてくるというのは完全な無駄であると言えます。このインターネット社会においては、メールを利用すれば、そこから仕事を発注するだけで済み、仕事の効率は格段にアップします。このように、近年はある程度作業も効率化させる動きが見えてきているのです。
これからの企業は、より作業を効率化し、仕事を最適化していくことが求められます。労働人口が減少していく中で、より少人数でも対応できるようになれば、業界でもスムーズに動けるはずです。その点も含めて、会社のあり方を一度考えてみることが必要となるのではないでしょうか。なお、自動化は近年進められていて、より多くの企業が導入するようになっています。今後はさらにこの動きも強くなると考えられますし、既に専門のツールなども登場しているので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

現行の営業効率化方法は?

現行の企業では、効率化を図ることが難しい企業も多いでしょう。しかし、近年では効率化を進める方法は多岐に渡っており、専門のツールなどを使えばより高い効果が望めます。例えば、もともと取引先や顧客が決まっている企業などは、インターネットを活用して仕事ができます。昔はその取引先や顧客のところに赴いて取引をすることが多かったのですが、近年はインターネットの発達によって、取引の形態が進化している企業も増加しているのです。つまり、便利なツールを取り入れることで、企業活動の効率を格段に高めていると言えるでしょう。
現行の企業の場合は、すぐにできる効率化の方法として、無駄の削減などがあります。まだまだ営業をする際に無駄な仕事を抱えている企業は多く、中には本当に必要なものなのかどうかわからないものもあるでしょう。例えば、企業に昔からある風習や習慣などで、無駄なものとなっていることもあります。また、その他様々な仕事において、無駄を省けることがあるはずです。その点をどう対処していくかどうかで、企業の成長も格段に変わってくるのではないでしょうか。改善できることは多々あるはずです。
近年は多くの企業が新しい取り組みを進めていて、それによって変わってきた企業も多いものです。また、専門のツールなどが登場したことによって、SFAのあり方も変わってきています。それぞれの企業が変われるように努力している中、SFAの専門ツールを使えば、より効率を高めていくことが可能です。まずは情報を集めてみて、導入を目指してみるというのも良いのではないでしょうか。そうすれば、未来は変わるかもしれません。

SFAの営業効率化方法は?

普段、管理はどのようなものを行っているでしょうか。多くの企業は「コストを削減しよう」「人員育成に力を入れよう」「営業の効率を高めよう」など様々な目的を持っていますが、実現していないところがほとんどです。企業活動をしながら、新しい取り組みを行うというのは、それほど労力を使うわけで、多くの企業では行き詰まった状態となっていることもあります。しかし、近年SFAの専門ツールが登場していることによって、時代は変わりつつあります。SFAによって営業管理が効率化すれば、企業活動自体が根本から改善される可能性があります。
例えばどのようなものがあるのかというと、ルート自動化や効率化、クレームやトラブルの処理、情報収集・分析などです。これらをバックアップするSFAツールが提供され始めたことで、近年は企業活動もより一層楽なものになってきています。今まで色々な方法を使って企業を安定化させてきた企業も、ツールを導入することで簡単に安定を手に入れている訳です。ツールの導入自体は難しいものではありませんし、利用方法によって様々なメリットがあるのが人気である理由と言えます。企業の営業管理は年々重要性が増してきているので、ぜひツールの導入を検討して、管理の際に起こる問題に対処してみてください。
ツールを導入すれば、社員の非効率的な仕事を大幅に削減できるので負担の減少に繋がるうえ、情報が可視化されるので客観的な情報共有がしやすくなります。さらには、営業成績やトラブル・クレーム処理なども確認しやすくなるため、営業を効率よく進められるようになるでしょう。

営業管理を効率化するメリットとは?SFAは何が良いの?

日本の営業は効率が悪い

日本の営業は効率が悪いこともあります。日本という国は人と人との繋がりを大切にしていることが多く、真摯な対応ができるという最大の魅力を持っているのも事実です。しかし、その一方で丁寧過ぎる対応が無駄になってしまっていることも多く、それ自体が社員の負担にもなっていることもまた事実です。だからこそ、近年はその管理方法などにも注目が集まっており、いかに改善すべきかという論争が繰り広げられています。そこで、近年登場してきたのがSFAという概念です。これは簡単に言うと営業などの管理を効率化することを意味していて、より快適な会社を作っていくことにも繋がっています。
日本の営業の質自体は高いものです。ただ、無駄になっている部分も多いからこそ、実際に営業マンやそれをサポートする社員の負担も大きくなっています。ここを効率化できれば、非常に楽になるはずです。海外ではすでに効率化を進めている企業が多く、人の手が介入しなくても良いような仕事に関しては、自動化も進められています。また、無駄な取引なども少なくし、効率化を図るなど、より効率重視の経営にシフトしているところも多くなっています。先述したように、日本企業の良さは、人との繋がりを大切にした経営方法ですが、現行の方法では行き詰まることもあるため、徐々に効率化の波が迫ってきていると言えるでしょう。
ところが、どのように効率を良くすれば良いのかわからないという方もいるでしょう。そんな時には、SFAの専用ツールなどを活用していくことをおすすめします。SFA専用ツールを導入すれば、間違いなく企業の効率は向上するはずです。

効率化しようとして空回り

営業の管理というのは、決して簡単ではありません。専門のツールを導入すれば対応をしやすいのですが、なかなか現行の方法から変えていくということは難しいものです。そもそも企業は社員や従業員の生活がかかっているので、大幅な改革は難しいと言う特色を持っています。つまり、なかなか思い切った行動はできないのです。慎重に行動をすればするほど、時間が経過して、気付いたらその年の経営が終わっていたということもあるかもしれません。だからこそ、SFAのような専門のツールは必要ですし、これを用いた管理が重要となります。
管理に関しては、企業の担当者がそれぞれ行っているものですが、実際はネット上などでみんなが共有できるようにした方が効率も良くなります。そのため、近年はネットで共有できるSFAのツールが人気となっています。既に導入している企業も多く、ネット環境さえあればどこでもアクセスができるというものもあり、人気を集めています。例えば、外回りしている方が会社の外にいても、内部の情報を確認できれば、仕事もスムーズに進められます。そういった小さなことから少しずつ改善していくことによって、日本企業は大きく成長するはずです。
日本企業の中には、効率化を進めようとして空回りしてしまっている企業も多いので、専門のツールを取り入れて、安定化を図ってみてはいかがでしょうか。近年は質の良いSFAのツールも提供されているので、取り入れることで企業の安定はもちろん、将来的な資産を残していくことにも繋がります。慣れれば企業の効率は格段にアップします。

SFAの導入で営業が変わる

営業というのは、本来それぞれの担当者が取引したい顧客などを見つけて、自分から商品を売っていくことが必要となります。ルート営業の場合も、人と人同士で話し合って決めていくということも多いでしょう。しかし、それらは近年ネット上で管理することができるようになっています。専門のSFAツールなどを使えば、外部からでもチェックできるようになるため、仕事の効率が格段に上がるのです。これを導入する会社も近年増加していて、営業管理の形は変わってきています。
従来の管理方法では、会社に一度戻ってきて確認し、また外回りに出るということを繰り返していた方もいるでしょう。また、トラブルやクレームがあった場合に、その場で処理するだけで終わっているということもあったはずです。しかし、SFAのツールを導入すれば、それらの情報をまとめて管理できるうえ、中には自動化を進めることもできるツールもあります。これらを活用していけば、仕事がシンプルになりますし、無駄な作業や仕事は減らすことができるでしょう。既に海外の会社では、SFAという概念も根付いていて、よりシンプルに働ける環境作りが進められています。
日本の管理方法が間違っているとは言えません。実際にそれによって日本の経済が支えられ、より経済活動も安定しているのが日本の強みでもあります。しかし、さらに効率が良くなれば、もっと成長が望めるはずです。ネット環境が整備されてきた現代だからこそ、新たなステージに進んでみることが必要となるのではないでしょうか。

コラム一覧に戻る
ページ先頭へ戻る