本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

自社の営業管理を効率的に!エクセルでSFAを目指すメリット

2017.03.17

自社の営業管理を効率的に!エクセルでSFAを目指すメリット

自社の営業管理は大丈夫?

自社で全て営業管理をしているところもありますが、その場合は効率が悪いこともあります。特に日本では営業という仕事がメインとなっていて、会社を支える軸となっているのは確実に言えることです。しかし、その営業の効率が悪いことによって、仕事が上手に回っていない企業もあるため、近年はエクセルなどをさらに活用したSFAについて考えられるようになっています。SFAとは、簡単に言うと営業管理を効率化させることを言い、それぞれの企業の営業を自動化することを言います。これを上手に利用していけば、確実に経営の安定に繋がると言えるでしょう。
SFAを導入することによって、企業の営業管理は根本から変わっていきます。日本の営業システムは、人と人がとても重要で、その関わりを強く持つことによって企業同士の繋がりに繋がっています。しかし、近年の海外ではその営業も効率化しようという動きが出てきているのです。実際に営業を促進することによって、企業の経営力はさらに高くなり、自動化が進めば営業にかかる手間を省くことができます。
従来のエクセルで管理する方法から、さらに立場を変えてSFAを導入することにより、より多くの企業が仕事を最適化していける訳です。近年の企業はさらに効率化することを求められているため、今後はより営業の形も変わっていくでしょう。今後、さらなる企業の生き残り合戦が激化してくると、それこそ営業の方法は根本から変わっていくと言えます。むしろ、変わっていける企業こそ、生き残っていく企業だと言えるのではないでしょうか。その点は今後の企業全てが考えなくてはならない問題となっています。まずは、どうすれば効率が良くなるのかを一度考えてみることが必要です。

エクセルで営業管理を効率的に

エクセルと言うのは、もともと表計算ソフトなどとして活用されてきたのですが、近年では色々な目的で活用されています。企業の経営にとって欠かせない管理ソフトが、エクセルだと言っても良いです。実際にエクセルを使って営業管理をしているところも多いですし、社員の給料や交通費、その他の費用なども管理していることが多いです。強いてはスケジュールまでエクセルで管理しているところもあるでしょう。それほど、便利な機能が搭載されているのですが、使い方によっては効率が悪くなってしまうこともあります。
近年の企業の多くが紙やエクセルで管理をしているのですが、そこにSFAを導入すれば、さらに管理は楽になります。営業を効率化することによって、より一層企業活動を活発化していくことも可能です。今後は、より効率化を目指す企業が増加してくると言えるので、その点はしっかりと従来型の企業も考えていくことが必要です。なお、近年はSFAを導入する企業も多くなっていて、より活動を効率化させていく動きが出ています。それによって、今後の企業のあり方なども根本から変わっていくことが予測できます。
未だに効率の悪い方法で管理している会社は多いものの、そこから一歩抜きんでるためには、必要なツールも多いです。実際に近年は便利なツールも多くなってきているので、積極的に導入すべきです。そうすることで、企業の無駄になっている作業を減らし、時間も短縮することができます。それが強いては残業を少なくすることにも繋がり、社員の負担を軽減することにもなるのです。導入するかどうかで、企業の未来は変わります。

SFAを導入するメリット

多くの企業が効率化を求める中で、営業管理というのはとても重要なポイントとなっています。営業は会社の顔とも言えるもので、その取引により直接会社の利益を生み出します。それゆえ日本の企業は営業に力を入れることで企業を成長させてきたため、SFAの導入が近年注目されています。これを取り入れることによって、企業の営業は効率化でき、より大きな利益に繋げられると、それぞれの企業が気付き始めました。特に日本のような営業に力を入れている国の場合は、このツールを導入することによるメリットも大きいでしょう。
実際にSFAを導入するとどうなるのかというと、まず営業が自動化することが一番大きなポイントだと言えます。営業というのは人同士の関わりで成り立っているという企業も多いですし、実際に人同士の繋がりは貴重です。ただ、ルート営業などの場合は、既に信頼関係ができているため、わざわざ営業活動する必要性がない場合もあります。そういう時、顧客管理をしているシステムがあれば、お互いの企業にとってもメリットは大きいです。そこで近年考えられているのがSFAなのです。
これを導入すれば、必要最低限の営業は自動化することが可能です。そうすることによって、企業の無駄な営業が必要無くなり、より効率は高くなります。もちろん、新規開拓で営業する場合は人の力がどうしても必要となるものの、ルート営業などの取引先が決まっている場合は、ツールを導入した方が良いことも多いです。その点も含めて、今後の営業方針を決めてみるというのはいかがでしょうか。

営業管理はエクセルで簡単にできる?SFAで根本から組織改善

営業管理はエクセルが良い?

営業の管理はどのように行っているでしょうか。営業というのは企業の要であり、いわゆる売り上げを生み出す最大の企業活動だと言えます。しかし、日本の企業の中には、まだまだ改善できる点がある企業もあるだけに、近年はSFAを取り入れることに対して、大きな期待が高まっています。これらを導入することによって企業はさらなる進化ができると言えるでしょう。効率だけを求めるのが良いとは言いませんが、効率が良くなれば企業の経営力は増し、社員の負担を減らすこともできるでしょう。そうすることで企業としての生命力も高くなり、より生き残れる企業となるはずです。
近年は営業管理をエクセルでやっている企業も、まだまだ多いです。ただ、エクセルは確かに効率を高めることにも使えるのですが、方法によっては手間が増えることもあります。そこで注目されているのが、SFAです。これを導入することによって、企業の効率はかなり高くなります。実際に営業を自動化するなど、営業の効率を高められるので、大きな効果を期待できるでしょう。近年は導入する企業も多くなっていて、エクセルでの管理もより効率化しています。
企業の管理自体は、エクセルを利用することも多く、便利なツールとなっています。しかし、その効率は本当に良いかどうかわからないという方も多いです。だからこそ、効率化を進めることによって、企業の本質を高めていくことが必要なのかもしれません。今後は営業なども自動化を取り入れるなど、海外の企業のシステムを導入することが必要となるでしょう。実際にそれを実現できた時、企業はさらに上のステージに進むことができます。SFAを取り入れて、営業の効率を格段に高めてみましょう。

SFAで出来る効率化とは?

近年SFAをという言葉を聞くようになったという方も多いのではないでしょうか。これは、簡単に言うと営業管理などを効率化させることを言います。近年は専用のツールなども登場していて、企業の営業が変わっているのです。営業管理というのは、従来紙やエクセルで行ってきた企業も多いですが、それを自動化したりすることで、より効率を高められるようにしている企業が増加しています。既に海外では普通のことだと言われていて、日本企業でも導入するところは多くなっていると言えるでしょう。
実際に企業の中では、営業のあり方について考えているところも多くなっていて、企業の営業について自動化も進められています。特にルート営業などは、新規開拓とは異なり、人の介入がなくてもできることが多いです。そういう時、わざわざ手間と時間をかけて営業するというのは、効率が悪いと言えます。だからこそ、そういう時にSFAを活用していくべきだと言えるのです。これを導入することによって、営業が自動化し、より営業にかかる手間や時間、費用を削減できます。なお、近年は取り入れる企業が多くなり、会社の営業の形が根本から変わっています。
今後、SFAを導入する企業はより多くなると言えるので、興味があるという方は一度検討してみるのはいかがでしょうか。企業のあり方が根本から変わると言っても良いシステムなので、使ってみる価値は十分あると言えます。企業が優秀な会社として長期的に生き残っていくためには、こういう進化したツールを導入することも必要です。そして、それが企業の営業力そのものに繋がっていくのです。

SFAで根本的な組織改善

日本企業の組織力というのは、海外に比べて低いと言われています。実際に日本は高いレベルで会社が成り立っていて、その企業力は世界的に見ても優秀です。しかし、効率の点を考えると、どうしても国柄もあり、人情や仁義というものを大切にしてしまう傾向も強いと言えます。だからこそ、営業などのシステムは昔から変わらず、ずっと効率があまり良くないままで続けているところもあるのです。そんな中、近年はSFAで根本的な組織改善を目指すところも増加しています。企業が未来永劫、その企業として活動を続けていくための進化が求められているのです。
実際にSFAを取り入れて、営業管理を効率化しているところも多くなっています。営業管理に関しては、エクセルで効率化を図っているところも多いですし、実際に簡単に管理ができるのです。その中で、専用のツールを取り入れれば、もっと管理が楽になります。新規開拓営業ではなくルート営業など、既に取引先が決まっている場合などは、システムを導入することで自動化することも可能です。そうなれば、より企業の活動は手間も時間もかからなくなります。それを目指して、近年は日本企業が色々と取り組みを変化させている訳です。
システムを変えるというのは、企業にとっては最初は負担になることもあります。しかし、その新しいシステムを導入することで、企業は根本的に組織改善をしていくことができるのです。そうなれば、企業としての生命力が強くなり、より今後も活躍できる企業として生き残れるでしょう。だからこそ、専門のツールは導入すべきなのです。

エクセルを使った営業管理とは?SFAで組織力強化!

日本企業の多くは営業管理が苦手

日本企業は営業管理なども時間を割いて真面目に行うため、しっかり管理できている会社も多いです。営業の管理についてはやることも多いのですが、それを最適化している企業は近年増加しています。そこで、近年はさらなる効率化を目指す企業が多くなっています。効率化を目指す企業が多くなったことによって、企業のあり方はまた一段と変わってきているので、今後の企業の対応にも注目が集まっていると言えるでしょう。実際に日本企業の多くは、営業の管理について「もっと効率が良い方法を試したい」と思っているのも事実です。そんな中、注目されているのがSFAなのです。
営業を効率化するというのはどういうことかというと、例えば既存のルート営業などを自動化することなどが例として挙げられます。新規開拓の場合は人の手によって営業していくことが必要となるのですが、ルート営業などはすでに話がまとまっていることも多いです。そこで、近年の企業は効率重視の営業方法を選択するようになっています。これが企業にどのような影響を与えるのかについては、導入してからではないとわからないものの、自動化によって効率が良くなれば、より企業の安定性にも繋がっていくことは間違いないです。
企業が企業として生き残っていくためには、無駄な手間や時間を省き、最適化していくことが重要です。営業というのは、日本企業の軸と考えられているものですが、海外では実はそこまで重要視されていないこともあります。それは営業というものが、既に自動でもできるようになってきているためです。日本の今後については、より時代に合わせてオートメーション化を進めていくことが必要なのではないでしょうか。

海外で主流のSFAを受け入れない

営業管理に関しては、紙やエクセルで処理しているところも多いですし、それが間違いだとは言いません。しかし、海外では近年SFAを主軸にした経営を進めています。営業などを効率化することを目指し、それによって企業の無駄を徹底的に省いているのです。ただ、この方法の場合は人同士の繋がりが薄れるため、日本ではあまり良い方法とは考えていない企業もあります。その結果、日本は海外で主流のSFAを受け入れないという体制にもなっていて、なかなか進歩しない企業があるのです。
確かに人同士の繋がりを大切にしている日本企業は、それぞれが人情や仁義などの言葉で繋がっていることもあります。それはとても大切なことで、中には売り上げや収益などを勘定に入れず、取引している所もあるのです。それは、ある意味で経済を支えていて、日本にとってはそれが最適な方法とも言えます。しかし、その一方で効率が悪いルート営業などを行っていると、企業の生命線すらも途切れてしまう可能性もあると言えるでしょう。だからこそ、近年は海外のSFAを取り入れる企業も多くなっています。
日本では専門のツールなども提供されていて、その手のサービスも増加しています。実際にSFAを取り入れることによって、ルート営業などのシステム化できる場合に限り、効率を高めることもできるのです。今後は、そういった企業が日本にも増加してくるはずなので、今後の流れにも注目しておきたいです。もちろん、必要な場合は実際に専門のツールを取り入れて、企業の自動化や効率化を図ってみてはいかがでしょうか。それ自体が組織力や経営力に繋がっていきます。

組織力アップにはSFAが重要

日本の企業が成長していくためには、組織力が重要な鍵を握っています。組織力アップには、紙やエクセルでの管理を省くことが必要です。実際に日本の企業では、近年SFAを取り入れることによって、より効率的な営業管理を行うことが多くなっています。営業管理に関しては、パソコンで行っていることが多く、ほとんどの企業はエクセルなどのソフトを使って管理しています。しかし、それを自動化・効率化できるとすればどうでしょうか。おそらく多くの方が驚くでしょうし、新しい組織力に繋げられると思うはずです。
近年はそういう背景もあり、よりSFAを導入する企業が多くなっています。日本の企業を支えているのは、間違いなく営業です。もちろん、経理や総務なども重要な立ち位置ですが、営業が仕事を取ってくるため、営業の立場がどうしても大きいのが日本企業の特徴となっています。海外ではすでに効率化を進めている企業も多く、社員一人一人の負担も減少しています。
残業を少なくすべきだという声が上がる中、営業を効率化させればそれも実現可能だと言えます。特に日本には、まだまだSFAが浸透していない企業も多いので、積極的にシステム改善を行い、企業の組織力も高めていくべきです。そうすれば、日本という激動の経済社会の中でも、生き残っていくことができるでしょう。実際に専門のツールなどもあるので、使ってみるというのはいかがでしょうか。

海外では常識のSFAの魅力や強みとは?エクセルで営業管理

海外では常識のSFA

SFAという言葉を聞いたことがあるでしょうか。海外ではすでに常識として捉えられている概念やツールと言え、導入している企業も多くなっています。これは、簡単に言うと営業管理などを効率化させ、より負担と手間、時間を削減することを目指す方法です。これによって、企業の活動はより一層無駄がなくなり、さらに効率の良い経営を進めていくことができるようになります。実際に海外では取り入れているところが多く、それによって会社が根本から好転したところも多いです。既に常識的に導入が進められていて、どの企業にも必要なこととなっています。
日本では、営業は意外とアナログな方法を使っているところも多く、まだまだ日本の99%以上の中小企業では、導入が進められていないといわれています。それゆえに、自動化ができるようになれば魅力も大きいと言えます。例えば、日本の企業の中には、未だに人と人同士がルート営業を行っていることもあるでしょう。取引量などが一定で決まっている場合は、さらに人手を削減することが可能となるでしょう。そんなこともあり、近年は多くの企業が効率化を目指して、より専門のツールも導入することが多くなっています。
海外ではSFAは常識とも言われており、エクセルでの管理方法も変わってきています。紙やエクセルで管理することは必要なことですが、専門のツールを導入すれば、さらにその無駄な仕事を削減することが可能です。だからこそ、今後日本でも導入されることが多くなると予測できますし、既に企業の多くが採用しています。営業管理においては、効率を高めるツールは欠かせないものです。

営業管理は手間も費用もかかる

営業管理というのは、正直なところ手間も費用もかかりますし、時間もかかってしまいます。例えば、どの営業マンがどの企業に対して売り上げたのかというのを、エクセルで管理しているところも多いでしょう。エクセルで管理すること自体は効率を良くするために必要なことなのですが、それがどこにいてもできて、尚且つ自動でできるとすればどうでしょうか。おそらく多くの企業が「導入したい」と思うはずです。だからこそ、近年はSFAの導入も本格化してきています。
企業が企業として生き残っていくためには、営業管理の手間を省くことが必要です。営業管理は社員一人一人に必要なものなのですが、それを主導で行うというのは手間も費用もかかるでしょう。SFAを導入すれば、必要なところは手作業でできるし、他の無駄な部分に関しては自動で処理することもできるようになります。営業効率化によって、会社の無駄な部分をカットし、より洗練された営業が実現できるのです。まだまだ日本では聞きなれない言葉ですが、SFAを実施すれば企業が根本から変わっていくと言えるでしょう。
近年は専用のツールなどもあるので、導入することによってメリットも多く得られます。実際に導入した場合、企業の営業は根本から変わっていくでしょう。近年は経営に行き詰まる企業なども多く、根本的なシステムの改善が必要な場合も多いのですが、「どうすれば良いのかわからない」と思っている経営者も多いです。そういう時は、企業の軸となっている営業などから改善を試みてはいかがでしょうか。専門のツールを使えば、より企業は安定化できます。

SFAを導入したらどうなるの?

営業管理に置いて、SFAを導入することはとても重要です。実際にどのようなメリットがあるのか解説するので、今後活用しようと思っている方は参考にしてみて下さい。
まず、SFAを導入すれば情報資産を有効活用できます。企業にとって情報というのはとても重要なものなのですが、それを活用できているところはそこまで多くないです。実際に営業活動を通して得た情報というのは、企業の資産とも言えます。それを客観的にも主観的にも見ることができるのは、営業効率化において最大のポイントと言えるでしょう。顧客に応じてどのようなアプローチをすれば良いか目でわかりますし、顧客ごとに求めているニーズも理解しやすいです。そういった営業のコツやヒントを掴めるのは、効率化のポイントとも言えます。
また、最適な営業プロセスへの改善も可能となります。営業というのは既存のプロセスを上司や先輩から受け継いでいくため、結果的に根本的なテクニックやスキルは改善されないまま、下の者に受け継がれていくことが多いです。しかし、効率化をすることによって営業が”見える化”するため、営業の細かな情報共有はもちろん、プロセルの改善、テクニックの上達にも繋がっていきます。これを活用していけば、企業の根本的な営業改善にも繋がるのです。
その他、新しい戦略を立てる時にも活用できますし、情報の収集・分析にも役立ちます。さらには営業力がアップするなど、SFAを活用することで得られるメリットは多いです。エクセルなどを活用して情報をさらに細分化していけば、より“見える化”が進められるため、営業が根本的に改善されていくでしょう。

コラム一覧に戻る
ページ先頭へ戻る