本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/カレンダー/機能

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/カレンダー/機能

「ビジネス/オフィス」SFA/カレンダー/機能

SFAのカレンダー機能として、次のようなものがあると非常に便利です。
・営業マンのスケジュール管理
・商品・サービスの納期管理
・会議室・応接室予約機能
・会議参加招集と参加可否連絡
SFAのカレンダーに、少なくともこれくらいの機能があると、営業マンが、外にいても、十分活用できますし、欲しい機能だと考えられます。

SFAのカレンダーに、営業マンのスケジュールが、共有されていると、会社への問い合わせに瞬時で回答することができるだけでなく、SFAの導入により、外にいることが多くなる営業マンの、管理が、管理職にとっても容易になります。また電話をかけるタイミングわかり、営業中の携帯電話による邪魔が減らせるなど、良い面が沢山あります。

商品・サービスの納期が自分のSFAのカレンダーに表示できれば、外にいてもお客様からの問い合わせに瞬時に回答することができ、信用向上にもつながります。これまでは、一度、営業所に確認を入れたから折り返す必要があり、運転中などのこのような問い合わせをいただいた際に、忘れてしまうこともあったと考えられますが、すぐに確認できますので、車を止めて、回答することが容易になります。

外にいることの多い営業マンにとって、お客様の訪問や、社内会議のための会議室、応接室の予約が、外からできることは、大きなメリットがあります。また、これまでは、アシスタントに連絡して、予約してもらっていたはずです。アシスタントの余分な仕事もへりますので、生産性向上にもつながってきます。

会議参加招集も、同様です。メールや携帯電話でこれまで、確認していたとが、システムでできるようになると便利ですし、結果がすぐに、自分のカレンダーに、自動的に書き込まれますので、記載忘れがなくなります。記載する手間もなくなりますので、大変便利です。

カレンダー機能には、これ以外にも沢山の応用が可能です。営業全体で、どのようなことができるとメリットがあるのか、よく議論して、SFAのカレンダーを充実させてください。それにより、外にいる営業マンの負荷を低減できるとともに、忘れることによる損失を大きく減らすことができるようになります。会社の信用も向上します。また、勤怠の管理にも用いることができますので、労基署の監査などでも、しっかり監査できているという証拠として用いることもできるようになります。もちろんしっかり、問題の無いよう管理することが大切です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る