本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/営業/マニュアル化

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/営業/マニュアル化

「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/営業/マニュアル化

SFAを営業が利用し始めると、いろいろな機能を使い始めます。使ってうまくいった機能は、皆で共有し使っていくことが重要です。それらをマニュアル化し、使用を促進していく取り組みが重要です。SFAの使用目的は、当初は営業支援となるでしょうが、情報の集約機能を用いると、顧客情報が集約されビッグデータとなるので、営業戦略立案という、次の使用目的に移ることができます。さらに、新規事業のためのデータにもなり得ますので、この情報はいろいろな使用目的に利用可能です。

営業マンとしては、SFAの機能の中で、クラウドサービス関係の機能を使うことが、多くなります。例えば、外部から、事務処理をしたり、営業日報を入力したりと言ったものがありまう。これだけでなく、カレンダー機能を用いたスケジュールや納期管理も考えられます。SFAにはいろいろ便利機能がありますので、皆で、情報を出し合い、便利な使い方事例の紹介をしていっても良いと思います。沢山の改善提案が出てくるでしょう。それに賞金がもらえるのであれば、ますます活発に提案されることでしょう。SFAがもたらすメリットは小さくありません。多少の賞金を出しても、全く問題ないくらい収益が増えるでしょう。

SFAでは、見積もり機能もあります。すべての商品やサービスについて、原価も入力できますので、その場で、見積書を作成することが可能になります。ビジネスの速度を大きく速くします。このように、受注につながる使用目的であれば、皆が積極的に使用するでしょう。ところが、顧客情報の入力など、本業で評価してもらえない作業もしてもらわなくてはならなくなります。このような作業も、業務として認め、評価して上げることが重要です。

SFAの情報共有機能は、優れています。顧客情報を集約し、ビッグデータとすることで、戦略の見直しや、新商品・新サービス企画開発にもつなげていけるようになります。ビジネスに新たな局面をもたらします。この部分を如何に伸ばして行くかが課題です。全社的に取り組めるよう、制度の変更、仕組みの変更を行い、業務として、情報入力、情報の解析、そして企画へつなげることが大切です。担当をしっかり決めて対応することが重要なことです。人事異動や、組織改革も必要となります。経営トップが如何にこの重要な課題に気づくかが問題となります。経営トップに対しても講習会などのFSAを理解していただく機会が必要でしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る