本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/営業コスト/削減

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/営業コスト/削減

「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/営業コスト/削減

SFAを営業コスト削減という使用目的で導入すること可能です。その効果に関して紹介します。SFAによる営業コスト削減の大きな項目は次の通りです。
・営業マン一人あたりの顧客訪問回数が増加する。
・SFAの持つクラウド環境を利用することで、すべての営業資料を顧客に提示することができるので、一度の訪問ですべてを紹介することができる。
・顧客情報が共有できるので、訪問したい顧客の紹介を他の営業マンから受けることができるため、無駄な訪問がへる。
これら1つ1つについて、説明いたします。

SFAの使用目的の一つとして、営業マンが行っている事務作業を、営業所に帰らず、外部からできるようになります。これにより、営業マンは無駄に、営業所に帰る必要がなくなり、空いた時間で、顧客訪問回数を増やすことができます。これにより、営業マンのパフォーマンスが向上し、営業成績があがります。つまり、利益が増えることになるわけです。利益に対する営業マンの人件費の割合が低下するので、コストが下がることとイコールということになります。ただ、発注業務は当然増えますので、それに伴う、アシスタントの工数増は不可避です。しかし利益ベースで考えると、当然比例して必要なコストですので、原単位的にはコストは増加しません。

SFAのクラウド環境は、営業スタイルを大きく変えます。これまで紙媒体で、持ち歩いていいた資料を、すべて、タブレットなどのモバイル端末で表示できるため、大変便利になります。後日、資料を持って行ったり、郵送したりする時間の無駄を削減することが可能になります。しかし、セキュリティーの問題がありますので、使用目的は限定すべきでしょう。一歩間違いますと、情報の流出につながってしまいますので、注意が必要です。必要な使用目的に限定することが重要です。

最後に、顧客情報が共有化できるため、他の営業マンの人脈も共有化することが可能になり、新しい提案を他の営業担当の顧客にすることも可能になります。これまで以上にビジネスチャンスが増加することになります。
また、情報共有は営業だけでなく、企画部門ともなされます。これにより、新商品や新サービスの企画開発が進み、新たに営業するネタが増えるわけです。これらが好循環することで、会社の業績も良くなり、SFA導入の効果が、十分発揮されるようになります。このような良いループができるよう、営業だけで無く全社的に取り組んでいくことが重要です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る