本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/売上向上

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/売上向上

「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/売上向上

SFAシステムの導入目的に当然、売上向上があります。そのプロセスについて一般的な例をご紹介します。
・営業マンの時間の効率化による売上向上
・顧客データ活用による売上向上
では、1つ1つ説明いたします。

営業マンはこれまで、営業所に戻って行っていた事務作業や営業日報の入力、見積書作成、資料作成、請求書作成などをSFAのモバイル環境を使用することで、外出先から実施できるようになります。これにより、営業所に戻る時間の無駄を省けることと、短時間でいろいろな作業ができるようになるため、大きく時間を節約できるようになります。このことにより、生まれた時間で、さらに顧客訪問が可能となり、売上向上につながる訳です。SFAの最大の使用目的が果たせることになります。ただし、このような変化で、悪い面を出てきます。営業マンと上司とのコミュニケーションが不足してきます。営業マンが営業所に戻らなくなるためです。これを回収するために、SFAのカレンダー機能を利用し、スケジュール管理をすることが重要です。このような使用目的にもカレンダー機能を津欠くことができるので、カレンダー機能は、注文の進捗管理などいろいろな使用目的で利用することができるのです。営業マンはスケジュールを入力することで、今どこにいて、何をしているかを上司に伝えることができます。上司もそれと、営業日報などの結果情報を比較することで、本当に実施していたかどうか確認することができるようになります。営業日報をSFAにいれることで、このような使用目的も生まれてくるのです。

また、SFAに顧客情報を入力することで、その情報がビッグデータとなり、このデータを元に、新商品・新サービスの展開につなげることが、可能になります。これは、営業だけでなく、企画部門や研究開発部門を巻き込んで行わなければなりません。しかしSFAでは、全社的に、顧客情報を共有化することが可能になりますので、今までよりも、容易に行えるようになります。企画部門や研究開発部門が、顧客情報からニーズを見つけ、それを反映した、新商品・新サービスの開発が可能となるのです。会社の組織間連携が強まるのです。このようにして、生まれた新商品・新サービスを顧客へ紹介することにより、さらに売上向上が図れるようになります。このようにSFAを導入すると、ビジネスが大きく変化します。SFAをうまく活用していきましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る