本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/組織的営業力/アップ

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/組織的営業力/アップ

「ビジネス/オフィス」SFA/使用目的/組織的営業力/アップ

SFAの使用目的の1つに、組織的営業力アップがあります。これについて説明します。
SFAでは、営業日報の入力やその他の方法で、入力された顧客情報を、一元管理し、共有化することができるようになります。自分が訪問したい顧客にすでに、別の営業マンが接触してることがわかれば、同行営業を行うことが、可能となります。これにより、無駄なプロセスを省き、すぐに目的の顧客にたどり着くことが、可能になります。大きなスピードアップをもたらすことになります。SFAには、いろいろな使用目的がありますが、営業としてすぐに享受できるメリットではないでしょうか?

このほかによく使われる使用目的は、営業の効率化です。SFAには、クラウドサービスがあります。これを活用すると、外部から、営業所で行っていた業務を行うことができるようになります。このため、営業マンが営業所に帰る無駄な時間を減らすことができます。余った時間で、さらに多くの顧客に訪問することができるのです。そして、さらに多くの顧客情報があつまり、組織的営業の回数も増えることになります。このように、SFAは営業のスタイルと一変してしまいます。他にも有益な使用目的があります。それは、集約された顧客情報というビッグデータを用いて、営業戦略の立案や、新商品・新サービスの企画開発に役立てることです。これでは、顧客情報は各営業マンや各営業所でとどまっていることが多かったのですが、SFAの導入により、全社的に共有化されるため、その活用の幅が大きく広がります。組織的な活用が可能になるわけです。単にSFAにデータを入力するだけでは、その有益な情報が死んでしまいます。如何にこの情報を活用していくかが、ポイントになります。営業部門だけでは、この目的は果たすことはできません。企画部門や、エンジニアリング部門、研究開発部門もこの有益なマーケット情報を活用して、新たなステージに向かうようにしなければなりません。

組織横断的な取り組みが増えるとSFA導入のメリットは増してきます。是非そのような状況になるよう、会社トップが、行動を起こすべきです。仕組みの変更や組織の改編も必要ですが、最も必要なことは、使いこなすための教育と、使っていくという明確な方針を出すことです。特に教育は何回も行い、皆が完全に利用できるようにしていきましょう。SFAが有益に使用されると、業績も良くなっていきます。行動に見合う利益をもたらすでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る