本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/受注案件/増やす

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/受注案件/増やす

「ビジネス/オフィス」SFA/受注案件/増やす

SFAを導入すると受注案件を増やすことが可能になります。その流れをご紹介します。

ファーストステップとして、SFAは、営業マンの仕事の仕方に大きな変革をもたらし増す。営業マンがこれまで、営業所に戻らないとできなかった、事務処理や営業日報の入力が、SFAの持つクラウドサービスを利用することで可能になります。これにより、営業マンが営業所に戻るという無駄な時間をなくすことが可能になり、その空いた時間を本来の目的である営業に費やすことが可能になります。このことにより、受注案件を増やすことが可能になるというわけです。当然、受注案件が増えれば、その分の事務処理も増えます。これに対応すべく、SFAのさらなる活用による、営業業務の効率化が求められてきます。しかしながら、効率化にも限界はあります。営業スタッフの増員など、抜本的な対応も必要となります。会社全体でどのように対応すれば、良いか、常に検討しておくことが求められます。

さらに、SFAに営業マンが持つ、顧客情報を入力し、一元管理することで、そのビッグデータから新たな、営業戦略や、新商品・新サービスの企画開発が可能になります。このことにより、さらにビジネスチャンスが増大し、受注案件の増加につながります。これがセカンドステップです。実は、この機能がもっともSFAの利点です。これまで、感覚ではわかっていたことが、データで示すことができるようになるため、経営トップも、提案されてきたことを理解しやすくなります。また実績の伴った数字で説明できるので、関係者が、YESと言いやすくなります。いろいろな提案が、スピーディーに通るようになり、会社の業績向上に大きく貢献します。SFAの導入コストはすぐに回収できるでしょう。逆に、このセカンドステップまで行かないと、SFA導入の投資回収は難しいでしょう。最悪の場合、入力はしているが、その情報が何の活用もされず、埋没してしまうことがあります。これでは、入力する側もしらけてきます。悪循環に陥ってしまう訳です。
ファーストステップからセカンドステップにうまくつなげて、好循環を作り、会社を活性化していくことが、企業トップに求められます。折角良いシステムも、うまく運用されてなければ、意味をなしません。うまく活用するためには、会社の仕組みや組織も大きく変更することが求められてきます。臨機応変に柔軟に対応することが求められます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る