本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/営業/生産性/向上

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/営業/生産性/向上

「ビジネス/オフィス」SFA/営業/生産性/向上

営業の生産性を向上させるためにSFAが存在します。タブレットのようなモバイル機器と、アプリケーションやクラウドを組み合わたITツールもSFAの1つですが、ITに強くない優秀なセールスマンを沢山いますというか営業に長けた年配の方々は特に、ITに弱い傾向があります。今回は、そういった優秀なセールスマンを、本業に注力させることを目的とした仕組みとしてのSFAについて提案します。通常、セールスマンの日常は、午前中に、営業に出て、数件程度顧客の会社や個人宅を回って、夕方近くに帰ってきて、記録をパソコンやSFAツールを用いて書き込んだり、注文伝票の処理をしたりと、本業である営業以外のいわゆるバックオフィス的な業務が沢山あります。最近では、モバイル機器を用いたSFAツールなどで外からもある程度、仕事ができるようになっては来ていますが、それにしても、得意とは言えない事務処理に忙殺されるわけです。このバックオフィスの部分を切り離し、派遣社員や営業に配属されたが、不向きな社員などを活用し、事務仕事部分を切り話して、専業で担当するように、仕組みや組織を変更してみましょう。これにより、営業は本業に注力できますし、今よりも多くの会社を訪問することができるようになります。課題としては、すべて一人で担当していたときよりも、発注などの状況が把握しにくいということがあげられます。この問題こと、SFAツールを活用して、顧客ごとの状況が一目瞭然でわかるようにすれば良いわけで、タブレットやモバイル機器でクラウドなどを活用し、外からでも、確認したいときに、瞬時に顧客の注文状況などを、確認できるようにしておけば良いのです。この仕組み、プロをプロといて適材適所に配置して、そのパフォーマンスを最大ですることができるので、当然生産性向上につながる訳です。特に顧客が多い製薬会社などには活用していただきたい仕組みであると考えられます。また、デパートの外商などでも有益な仕組みであると思います。BtoBだけでなく、BtoCでも用いることのできる良い仕組みであると考えられます。営業は人間力です。営業には向き不向きが明らかにあります。優秀なセールスマンを本業で、最大限活躍していただける仕組みやSFAを用意することが、セールスマンの生産性向上につながり、最終的には、業績向上に結びつくわけです。是非、このような、分業を含めた仕組みの導入を検討してください。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る