本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/営業マン/アシスト

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/営業マン/アシスト

「ビジネス/オフィス」SFA/営業マン/アシスト

SFAを用いた営業マンの営業アシストについて説明します。特に商品やサービスを多く扱う場合、顧客へのプレゼンターションにおいて沢山の資料が必要となります。今までは、これらすべての資料を営業マンが持っていないといけなかったわけですが、SFAの登場により、この環境が一変することになります。通常、パンフレットや紙の資料で持ち歩くと相当の重さとなり、営業マンの負担が増大します。そこで、SFAのクラウド環境を利用し、タブレットやモバイル端末により、画面でお客様に資料をお見せし、必要なお客様には、電子ファイルで、資料をお渡しできると、営業マンの負担も減り、また、資料の抜けがなくなる訳です。このようにSFAを活用すると、営業に必要な資料が瞬時に呼び出せます。また、突然、お客様から別の商品屋サービスの紹介を求められても、その場で対応することが、可能となります。ビジネスチャンスも広がるわけです。お客様にして、紙で沢山の資料をもらっても、保管できるスペースが限られます。しばらくたつと、せっかくもらったパンフレットやプレゼンテーション資料などの紙媒体は、捨ててしまうのが通常のことです。電子ファイルであれば、パソコンやその他の記憶媒体に保存することができます。ずっと、資料を持っておくことが可能になるわけです。また、遠くの支店にも電子ファイルであれば、転送してもらえるなど、メリットは沢山あります。さらに、ビジネスちゃんが広がっていくわけです。しかし、営業マンが扱える商品数や情報も、SFAの普及により、増大します。従って、営業マンが覚えるべきことが大きく増えます。そもそもSFAを使用するための導入教育から始まり、新たに扱える、商品、サービス、情報に関する知識も全体教育などを行い、お客様の前で、問題とならないようにしなければなりません。SFAの導入とともに、営業マンへのアシストのための教育機会の充実や、さらに使いやすするために、営業部門とシステム部門が、連携を深め、SFAをさらに良いシステムへと変革していく努力が必要です。また、システム部門だけでは解決できない問題もあるでしょうから、SFAメーカーからエンジニアを派遣したもらうなど、変革期にはそれなりの体制をとって対応する必要があります。便利なツールはさらに便利にして、営業の効率化につながるよう、日々のメンテナンスと、使う人への教育を怠らないようにしましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る