本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/営業マン/売上/可視化

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/営業マン/売上/可視化

「ビジネス/オフィス」SFA/営業マン/売上/可視化

SFAに、各営業マンの実績を入力できるようにすれば、当然、営業マンのその時点までの売上成績が可視化できるようになります。SFAに営業情報や受注、発注情報を反映するためには、これまで使用していた業務支援ソフトとインターフェースをとるか、これまで使用してきた業務支援ソフトを制作している会社が販売しているSFAを購入して、導入することが求められます。業務支援ソフトだけで、SFAを持たない会社のシステムを導入している際には、大きなコストが必要になるわけです。会社のシステム全体を見直した方が、新たにSFAを導入するよりも安価に導入できる場合がありますので、事前によく検討してください。また、営業マンやその他スタッフの使い勝手やセキュリティーの充実など、システムごとに一長一短がありますので、全体を確認して、導入することが必要です。業務支援ソフトを含めて変更しても、パッケージで購入できるため、導入でいろいろインターフェースの接続など、IT技術者の人件費がかかってしまう場合よりも、安価に導入できることが多いです。本題に戻りますが、売上など営業成績情報が、可視化できることで、上司は部下の指導やアドバイスがタイムリーにできるというメリットはありますが、これもまた、個人情報の1つですので、誰もが個々の営業マンの成績を見ることができる状況が良いかどうかは微妙なところです。情報を見ることができるメンバーを特定するなど、権限の設定に関して、会社内でよく議論することが求められます。全員で見ることができた方が、競い合って良いこともありますし、どのような状況になっても、メリットデメリットが発生します。営業部門の全員が見られるようにする場合、営業会議やミーティングにおいて、皆で、成績の悪い営業マンのフォローや具体的アドバイスを送ることで、全体として対処し、前向きに、進めることができるのであれば、それは、良い方向に向かうわけで、個々の営業マンの売上情報を全員で見ることができるメリットとなります。情報は使い方が良ければ、良い方向に向かいますが、単に営業成績を見て、はっぱをかけ、プレッシャーをかけるだけは、あまり意味をなさないでしょう。情報を戦略に変えていく努力が、営業部門の管理職には求められます。管理職を含めて、その戦略立案の研修を行うなど、SFAを活用するための教育は大切なことです。新しい時代になります。あたらなスキルが求められます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る