本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/成果/システム

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/成果/システム

「ビジネス/オフィス」SFA/成果/システム

SFAは営業支援システムとも呼ばれます。最近いろいろな企業で、導入されるようになってきました。営業効率の向上や、顧客情報の共有化、クラウド環境の利用によるサテライトオフィスなど成果が上がっている機能が沢山あります。成果の上がっているSFAの活用事例について紹介します。

SFAのクラウド環境を利用すると、営業マンが営業所で、実施していた業務が、出先でできるようになります。例えば、営業日報の入力、顧客情報の入力、スケジュール管理、納期管理、その他事務処理が外部にいても実施可能になります。また、見積書を瞬時で作ることも出るようになります。この機能を十分使うためには、個々の商品・サービスの原価や、物流コストをあらかじめSFAのシステムに登録しておく必要があります。そうでないと十分な見積もりが出せなくなってしまい、安全を見た金額の提案になってしまいます。これでは、営業マンの成果になりません。折角の良いシステムですので、十分成果が出せるよう、しっかりと必要な情報を入力しましょう。

SFAという最新の武器をうまく使うためには、使う側の教育が必要です。また、システムは日々進化しますので、その進化のたびに、教育が必要となります。教育の対象は、営業マンや営業スタッフだけでなく、営業が集めた情報を活用する例えば、研究開発部門、エンジニアリング部門、企画部門などが対象となります。十分な教育を行い、うまくシステムが活用されるように努力しましょう。

またSFAは、いろいろな変革をもたらします。モバイル環境を利用し、外部で仕事ができるようになると、営業所に戻るという無駄な時間が削減されます。この余った時間で、さらなる営業活動が可能となります。これにより営業成績も上がり、業績も良くなります。また、説明資料をすべてクラウドに載せておけば、顧客の要求に応じてすぐさま商品の説明やサービスの説明が可能になります。また、原価情報や単価情報、物流コストなど必要な情報がSFA入力されていれば見積書をすぐさま作ることが可能になり、顧客とのやりとりのスピードアップにつながります。このようなデータは常に更新が必要です。更新を怠らないよう、専門の人員を配置する必要があります。人件費は増えるかもしれませんが、その増加分は、問題なく、SFAの活用で補われます。会社として、うまく活用されるよう、仕組みや組織変更をしていく必要があります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る