本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/注意点/新たな不満

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/注意点/新たな不満

「ビジネス/オフィス」SFA/注意点/新たな不満

SFAは便利なツールで、営業マンにとって良い部分が多いのですが、新たな仕事も作ってしまいます。それにより新たな不満も発生します。このことが、SFA導入の注意点の一つです。

まず、営業マンに取ってのメリットですが、これまで、営業所に帰らないと実施できなかった業務、例えば、営業日報の記入や受注の処理が、SFA導入により、外出先からもできるようになります。このため、営業所に戻る回収を減らすことができ、営業マンの時間の余裕ができてきます。このため、顧客訪問回数を増やすことでできるので、営業成績を伸ばすことが可能になります。また、顧客へのプレゼンテーションなども、クラウド環境から、タブレットなどのモバイル端末に読み込み、必要に応じて、顧客へ提案することができるようになり、大変便利になります。やる気のある営業マンにとっては、ビジネスチャンスを大きく広げることができるので、SFAはすばらしいシステムと言うことになります。注意点として、やる気の無い営業マンに取っては、面倒なだけと言うことになりますので、意識改革が必要でしょう。

逆に、SFA導入の営業マンにとってのデメリットですが、これが意外に多く、SFA導入の注意点でもあります。
1つ目は、いろいろな機能があるため、新たに使用するための十分な教育が必要と言うことです。ただでも、忙しい営業マンにとっては負担となります。しかし、これは初期に必要な一過性のものですので、説得して営業マン皆が受講するようにしましょう。
2つめは、顧客訪問回数が増えるため、事務処理が増えてしまうことです。これは、最大の注意点です。当然、業務が拡大するわけですので、バックオフィスの増員など、新たな対応が必要になってきます。これは売上増加につながりますので、対応すべきことです。
3つ目は、モバイル端末から、SFAへ入力する項目や情報が増えることです。直接営業成績に結びつかない顧客ニーズなどの入力も求められます。しかしながら会社には必要不可欠な情報となりますので、別のインセンティブやそれ自体を業務として認め、新たな情報を得た場合は、きっちり評価することが大切になります。このように営業マンの仕事を増やしてしまう部分もありますので、全社的に組織変更や、新たな効率化を組み合わせて、対処することが、必要となってきます。
SFAは便利なシステムです。うまく活用できるよう全社で取り組みましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る