本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/見積書作成/機能

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/見積書作成/機能

「ビジネス/オフィス」SFA/見積書作成/機能

SAFにはいろいろな便利機能があります。その一つに見積書を自動で作成する機能が備わっています。複雑なサービスでも、一定の決まった条件でないと見積もりは作れませんが、条件の設定を画一的にしておけば、ラフな見積書作成が可能となります。
とりあえずの見積書作成が必要なときには重宝な機能です。

条件設定を細かくできるようSFAのデータベースを整えると、さらに精度の高い見積もりが可能となります。このデータを如何に充実させていくかというのが課題になります。このSFAのデータベースがしっかりできあがると、なれていない営業マンでも見積書作成が容易になり、均一な見積もりを瞬時にお客様に提示することができるようになります。SFAによる営業効率向上の1つの目に見える効果であると言えます。

SFAは、のクラウド環境をうまく利用すると、お客様の目の前で、しっかりとした見積書作成が瞬時にできるため、商談が早く進み、これまで以上に、営業成績を伸ばすことが可能になります。また、決まったルールで見積もりを出しますので、上司などの承認が必要とされないことも、大きなメリットであり、スピードアップにつながります。営業の生産性向上に大きく貢献するわけです。

このSFAの便利な機能を十分発揮するためには、多数ある条件や、商品、サービスの価格について、入力しておく必要があります。当然、初期コストは大きくかかります。このコストを吸収できるだけの営業成績向上が、求められるわけです。このためには、営業部門とシステムが良く議論を行い、良いシステムにしていくことが重要です。商品やサービスは価格も内容も変化します。新しい、商品やサービスも追加されますし、逆に、無くって行く商品やサービスもあるでしょう。日々の変化を、システムに反映する必要があります。

SFAのデータをメンテナンスする専門部署を、設ける必要も出てくるでしょう。日々、システムを改善し、データを追加・削除していかないと、使えないものになってしまいます。営業が、安心して、しっかり使える状態をキープすることが求められます。経営トップもこのことを理解し、ランニングコストが多少かかっても、収益向上による、増収分と比較して、うまく投資していくことが重要です。SFAは、うまく使えると便利で、ビジネスチャンスを広げるとともに、新たな変革をもたらします。そうなるよう周辺環境を整えましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る