本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/請求書発行/機能

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/請求書発行/機能

「ビジネス/オフィス」SFA/請求書発行/機能

SFAには、営業の業務を効率化する機能が多数、組み込まれています。例えば、
・見積もり書作成
・請求書発行
・プレゼンテーション資料のデータベース
・営業日報、スケジュール管理
があります。

SFAでは、製造原価などの原価情報も入力されているため、外部からでは、損益分岐点が把握することができます。従って容易に外部にいるときでも、見積書の作成ができるようになります。決裁権限を決めておけば、最終見積もりとして顧客に提出することが可能になります。ビジネスの速度を大幅に早くすることが可能になるわけです。顧客も持ち帰ってからの返事より、その場で提示された方が、発注することも多くなるでしょう。時間がたてば競業他社から見積もりが出てしますかもしれません。そのリスクは軽減されていくでしょう。

SFAを用いて請求書発行も可能です。急な請求書でも外部から入力し、対応することが可能です。必ず、営業所に戻らないとできなかった業務が、外からでも可能になります。請求書発行のその1つです。月末月初の作業で、外に出れないと言うことが、減少していくことが期待できます。請求書発行はためずに行うことが重要なのは言うまでも無いことです。

SFAのクラウド環境を利用すると、プレゼンテーション資料をすべて、呼び出すことが可能になります。このため、顧客の要求があれば、その場で資料を呼び出し、プレゼンテーションを実施することが可能になります。これによりビジネスチャンスが大きく広がって行きます。SFAはスピード重視の時代にマッチしたシステムと言うことが言えます。また、同じく、営業日報やスケジュール管理もクラウドサービスで、外部から入力が可能になります。また、情報の共有化がかのになるため、営業マン皆で情報を共有し、新たに、顧客を紹介してもらったり営業マン同士の連携が強化されることでしょう。営業日報の項目は紙で書いていたときとは異なり、データ化できる書式にしておくと良いでしょう。小さな情報でも集まると、ビッグデータとなります。このデータを元に、営業戦略を策定し、攻めの得ようが可能になります。また、新商品・新サービスの企画開発にも使えるようになるので、ビジネスプロセスが大きく変化します。この変化に柔軟に対応するよう、全社的に取り組むことが重要です。人員の増減や、組織改革も必要となります。SFAを活用するため、全社的な最適化がなされる必要があります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る