本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/進化/クラウドサービス

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/進化/クラウドサービス

「ビジネス/オフィス」SFA/進化/クラウドサービス

最近のSFAは進化しており、SFAに、クラウドサービスが付随していることが多いです。クラウドサービスの例として、
・営業用プレゼンテーション
・スケジュールの共有
・会議室・応接室の予約管理
・顧客情報の一元管理
等があげられます。進化したSFAを上手に利用することは、営業マンにとって大変有益な武器となります。また、企業にとっても、情報を、抜けなく管理できるので、大きな効果をもたらします。
クラウドサービスの運用例を個々に紹介いたします。

営業用プレゼン資料は、これまで、紙媒体で持ち歩いていたため、すべてを用意することは難しかったのが実情です。進化したSFAのクラウドが登場したために、タブレットなどのモバイル端末を使用することで、顧客の目の前で、いろいろなプレゼンテーションを選択し、紹介することができるようになりました。急に顧客から要望が出たとしても、対応できるため、商談が容易に進められるようになりました。この進化したSFAのおかげで、ビジネスチャンスが広がった訳です。

SFAのスケジュール機能を用いることで、営業マンの管理も、これまで以上に細かくできるようになりました。営業マンにとっては、あまりうれしくないかもしれませんが、上司にとっては、営業マン個々の管理が容易になり、営業マンの生産性向上がはかれることになります。SFAがうまく使われ始めると、営業マンは、営業所へ頻繁に戻る必要がなくなります。そのため、営業マンの行動管理をこれまで以上に行う必要が出てくるのです。このスケジュール管理は、行動管理をしっかりするためには大変有益なツールとなります。

営業所へ戻る機会が減った営業マンにとって、外からいろいろな事務処理ができるようになることは有益なことです。会議室の予約や応接室の予約が外からできることは、とっても便利なことです。これは、よく使われるシステムの1つです。

最後にもっとも、重要なクラウドサービスの機能として、情報の一元管理があります。営業個々が持っていた情報が集約されるため、集めた情報がビッグデータとなります。この情報を解析し、営業戦略立案や、新商品・新サービスの企画に活用されることは、SFA導入の大きな目的ですので、最も大事な機能であると言えます。この機能生かすためにも、営業マンが負担無く、情報をきめ細やかに入力できるような仕組みやインセンティブについて、検討し、導入することが大切です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る