本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/顧客情報/企業資産化

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/顧客情報/企業資産化

「ビジネス/オフィス」SFA/顧客情報/企業資産化

SFAを導入し、活用することで、顧客情報を一元管理することができるようになります。このようにして得られた顧客情報は、膨大な量としない、1つの企業資産化がなされる訳です。顧客情報を解析し、加工することで、有益なデータとなります。このデータを元に
営業戦略の策定や、新商品・新サービスの企画開発が可能になります。

SFAを活用すると、営業マン個人が持っていた顧客情報を、SFAに入力することにより、情報の共有がはかれます。営業マン一人一人の顧客情報からは、そう有益な情報を得ることができませんが、すべての営業マンから得られた情報は、面的な要素があり、顧客の嗜好の傾向をつかむこともできますし、競合他社の情報も反映できますので、営業戦略を立てるためには、必要不可欠な情報源となります。これまでと異なり、実際のデータを見ながら戦略立案が可能となりますので、有効かつ即効性のある営業戦略を立てることができるようになります。これが、SFA導入の最も大きなメリットであると考えられます。

SFAから得られた顧客情報は、有効かつ便利な情報ですが、この膨大な顧客情報が、ハッカーなどにより、外部へ流出してしまうと、企業として大きなダメージを受けることになります。したがいまして、  情報管理の強化、セキュリティーの向上が同時に必要となります。便利になればなるほど、リスクも高まってきます。企業として、イメージダウンなど大きなダメージを受ける前にセキュリティー対策はしっかりしておくべきです。

また、顧客情報を、頻繁にインプットしなければならなくなりますので、営業の負荷と言いいますか、新たな業務が発生してしまいます。しかし、この負荷は、大きなメリットを生みますので、気持ちよく営業マンが作業できるように、評価方法を変更したり、営業マンにインセンティブを与える仕組みを作るなどして、営業マンが積極的に、SFAに情報入力するように、仕組みや評価制度の変更を、経営トップに、お願いしたいと思います。

営業がインプットして、企業資産化された、情報は、営業のみならず、新規事業企画にも反映させることが可能です。これまで以上に営業への期待は高まります。営業としても会社の期待に応えられるように、営業マンの教育や管理をしっかりしていくことが求められます。SFAにより情報収集が容易になり、会社のビジネスチャンスも大きく拡大します。うまく運用できるようにしましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る