本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」SFA/顧客数/増やす

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」SFA/顧客数/増やす

「ビジネス/オフィス」SFA/顧客数/増やす

SFAの活用に顧客数を増やすことが、容易になってきました。顧客を増やすためには、基本的に、訪問回数や、接触する回数を増やすことも大切ですが、受注を得ることのできる確率を上げることが、重要となります。

まず、SFAの活用による、訪問回数や接触回数を増やすことについて、説明します。
営業マンは、本来の営業だけで無く、自分の取ってきた受注に対して、事務処理を行う必要があります。SFAを導入していない場合、通常は、営業マンが、帰社して自分または、アシスタントに依頼して、事務処理を行うことになります。従って、営業マンがたとえ遠くにいても、オフィスに帰ってこないと事務処理ができないわけです。翌日に、まとめて事務処理を行うと、発注の遅れなどにつながってしまいます。このように、たとえ優秀な営業マンであっても、営業以外の事務処理に莫大な時間をさかれてしまいます。SFA導入により、この状況が一変します。タブレットなどのモバイル端末を用いて、外から事務処理ができるようになり、無駄に移動して、オフィスで、事務処理をする必要がなくなるのです。必要最小限の入力で、事務処理が進むようにしておければ、あとはアシスタントさんが、処理をしてくれるような仕組みにしておけば、さらに、営業マンの不可が下がり、顧客訪問の回数を増やすことができるために、顧客数増加につなげることができるようになります。また、自社WEBサイトのメンテナンスを細かく行い、検索でヒットし訳するだけでも、問い合わせて来る顧客数を増加させることが可能になります。これも細かななはしですが、しっかり対応すべきことです。

最後に、SFAを用いて、顧客データを集中管理すると、受注をくれやすい顧客の傾向などが、読み取れてきます。また、営業の手薄なエリアも判明してきますので、そこを重点的に攻めることで、顧客数を増加させることも可能になります。SFAにはいろいろな機能があります。それらすべてをうまく活用すれば、営業成績を大きく伸ばすことが、可能になります。そのためには、使いこなすことが大切です。使う側の社員の教育をしっかり行って行くことが、重要です。企業側の取り組みが必要になってきます。また、情報を際死人にしておく、仕組みや管理方法も必要となりますので、組織自体を変えてしまうなど、積極的な変革が企業側にも求められてきます。うまく使いことなして、顧客数を増し、営業成績を伸ばしましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る