本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/サービス/寿命

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/サービス/寿命

「ビジネス/オフィス」営業支援/サービス/寿命

営業支援システムを使用すると、製品やサービスの寿命がわかります。営業支援システムでは、製品はサービスの販売情報が、一元管理されており、その売り上げのトレンドが、グラフ化して表示されます。これを時系列で確認すると、その製品やサービスの売れ行きが把握できます。損益分岐点を下回るようになった、製品やサービスはその寿命を終えたと判断すれば良いと思います。また、この傾向は、地域性もありますので、ある地域ではまだまだ十分主力の製品、サービスである可能性もありますので、注意深く、判断することが必要となります。

営業支援システムはこのような、新たな情報を、目に見える形で表現してくれますので、大変有益です。また、顧客情報を集約し、そのビッグデータを用いて、研究開発部門や企画部門が、新商品・新サービスを研究開発することが可能となります。これは、顧客ニーズを全社的に確認できるようになった恩恵であると言えます。このように、営業支援システムは、仕事のスタイルや、有益な情報の伝達が容易になり、さらにビジネスチャンスが広がってきます。このように、営業支援システムを活用して、生まれた、新商品・新サービスは、寿命が来た商品やサービスにリプレースされ、事業が継続されていくわけです。特に、商品の寿命が短い、業界では、このような、営業支援システムの活用による新製品開発は重要なことになります。

これ以外にも営業支援システムは、業務に変革をもたらします。例えば、営業マンがこれまで、営業所でないとできなかった。事務作業や日報入力、見積書作成などの業務を、外部から実施できるようになります。これにより、営業マンは、営業所に帰る無駄な時間を削減できるため、さらに顧客訪問回数を増やすことが可能になります。これにより、営業成績を伸ばすことができるのです。ただし、営業マンが営業所に戻る回数が減りますので、営業マンの行動管理をしっかり行うことが重要になります。これもまた、営業支援システムで実施できるようになりました。カレンダー機能を用いて、スケジュールを入力させて、それを共有化しすることです。これにより、今、どこで、何をしているかがわかります。また、本当にそのように行動仕方かどうかは、営業日報と比較することで明らかになります。これらすべてが、営業支援システムに組み込まれていますので、うまく活用してください。きっと大きな変革をもたらしてくれることでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る