本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/プレゼンテーション/ナンバリング

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/プレゼンテーション/ナンバリング

「ビジネス/オフィス」営業支援/プレゼンテーション/ナンバリング

営業支援システムのクラウドサービスを利用すると、これまで、紙で持ち歩いていた、プレゼンテーション資料をモバイルパソコンやタブレットといったモバイル端末に読み込み,顧客の前で、プレゼンテーションができるようになります。このおかげで、営業マンは、急な顧客からの要求にも応えることができるようになりますので、営業支援システムのクルドサービス活用により営業チャンスが広がるのです。このクラウドサービスには沢山の情報を共有することができますので、しっかり整理しておかないと、呼び出したいときに呼びだしたいものが、呼び出せなくなる可能性があります。それでは、営業支援システムの意味をなしませんので、整理整頓は重要なことです。

プレゼンテーション資料などはナンバリングをしておき、そのメニューリストに概要が示されていれば、簡単に必要なものを特定し、プレゼンテーションを実施することができるようになります。このメニューリストは紙媒体でもいいのですが、できれば、営業支援システムのクラウドサービスの画面上に表示されれば、常に最新の状態で見ることができるので、便利です。

営業支援システムのクラウドサービスは便利で有益なものですが、しっかりメンテナンスしなければ、使いにくくなります。最新のものが無かったり、もう廃盤になった商品やサービスの情報がいつまでもある状態は好ましくないです。しっかり管理担当と責任者を任命して、最新の状態が保たれるようにしておく必要があります。メンテナンスや更新の際には、メニューリストの更新も忘れないようにしなければなりません。ナンバリングもしっかりわかりやすい記号を用いてナンバリングすることが大切です。使う側の営業マンの意見も聞きながら、最適な状態に保てるよう、メンテナンスしましょう。

これ以外にも、営業支援システムのクラウド環境を使用すると、情報の共有化などにも利用できます。例えば、カレンダー機能を使用すると、営業マンのスケジュール管理や、その担当した商品やサービスの顧客への納期の確認など、いろいろな用途で使用することができます。特に、営業支援システムを導入すると、外出先からいろいろな事務作業ができるようになるので、営業マンは営業所へ帰る必要がなくなります。反面、営業マンの行動管理が難しくなります。これを解決するためにカレンダー機能を用いて、営業マンのスケジュール管理することは常用になります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る