本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/反響率/成約率/データ

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/反響率/成約率/データ

「ビジネス/オフィス」営業支援/反響率/成約率/データ

営業支援システムを営業マンがうまく使用すると、顧客ニーズへの対応が良くできるようになります。営業支援システムの顧客情報収集システムを利用し、これまで、営業マンが個々で抱えていた顧客情報等のデータを集約し、共有化することで営業活動は大きく変化します。また、商品の動きもこのシステムで把握することが可能になります。顧客の嗜好の変化などが見えてきますので、商品やサービスを紹介する際に、現状最も人気のある反響率の大きいものを紹介できるようになるため、成約率が大幅に向上します。
このように、顧客が欲する商品やサービスを紹介することができれば、顧客の反響率も上がります。営業支援システムを上手に使用して、顧客に今最も、トレンディーな商品・サービスを紹介し、成約率を高めましょう。

このように、反響率を高めるためには、営業支援システムの情報を最新に保つことが必要となります。情報のメンテナンスをする担当が必要となるとともに、営業マンも最新情報を入れる必要があります。これを怠ると古い情報で営業活動をするため、成約率が下がってしまします。従って営業支援システムの情報を最新に保つことは、営業成績ひいては業績に大きな影響を与えますので、重要な業務と言うことになります。このことをしっかり営業マンに伝え、情報の更新を頻繁にするよう促すことが重要です。営業マンも成功体験が増えてくると、この入力作業を重要視して、怠らなくなります。それまでは、上司がしっかり指導し、抜けなく顧客情報が入力されるようにしなければなりません。営業マンにしても、顧客からの反響率が上がれば、やる気も起こってきます。このような好循環が生まれるよう、営業マンや関係者への初期の教育をしっかり行いましょう。営業支援システムは非常に良いシステムです。うまく運用できれば、会社として大きな武器となります。また、反対に、うまく活用できないと、作業ばかりが増え、効果が見えなくなるため、形骸化してしまいます。最後には使われなくなるでしょう。そうなっては折角の投資が無駄になってしまいます。

営業支援システムが無駄に終わらないよう、全社あげて、対応していくことが重要です。システム部門と営業部門の連携強化など、このシステムを使いこなすためには、会社の仕組みの変更や、組織改革が必要となります。また、一部には人員増も必要となるでしょう。思い切った社内改革が必要となります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る