本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/商品/ライフサイクル

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/商品/ライフサイクル

「ビジネス/オフィス」営業支援/商品/ライフサイクル

営業支援システムSFAは最近、いろいろな企業に導入が始まっています。導入目体はいろいろでしょうが、主な機能して、営業事務処理の効率化、営業マンの管理、営業効率の向上、顧客情報の共有化、自社製品販売状況の情報入手などがあります。営業面の機能に目が行きがちですが、情報を入手し解析する機能が優れており、それを活用することが重要です。営業支援システムと言う名前からは想像できませんが、ビッグデータを生みだす玉手箱になります。例えば、営業マンが入手した顧客情報を、この営業支援システムに入力して、データを蓄積すると、ビッグデータとなり、このデータを解析し、インテリジェンス化すると、営業戦略の立案や、新商品・新サービスの企画開発に利用できるデータとなります。営業だけでなく、企画部門や、研究所などの研究開発部門、エンジニアリング部門でも使用することができるようになるのです。

また、商品の管理にも利用できます。例えば、ある商品の売れ行きを、地域ごとに推移を確認することが可能です。商品の寿命や、ライフサイクルの把握も可能になります。またそれはエリアだけで無く、顧客別に、表すこともできますので、そろそろ注文いただけるという時期に、訪問することできるようになります。営業マンの営業効率が、この営業支援システムにおり大幅に向上します。このように、得られているデータを如何に解析し、営業に使っていくかが課題になります。営業支援システムの使い方や機能が十分がわかっていないとこのような良い使用方法を思いつきません。メーカーなどから利用例を、公開してもらい、自社の活用を促しましょう。これは、システム部門の業務です。今まで以上に、システム部門の重要度が増してきます。良いシステムをうまく活用することで、大幅に、営業成績や、商品開発力が向上します。営業支援システム導入コストが多少高くても、すぐに回収できることでしょう。

実際のデータを用いて、結論を導くことができますので、戦略に説得力が出てきます。上層部への提案にも有益なデータをなります。実績データでこうしたいと提案されれば、ノーとは言えません。顧客への提案だけでなく、会社への提案にも使えるわけです。業務全体の効率化が図れて、これほど良いことはありません。全社的に、うまく利用されるように、体制を整えて、営業支援システムがうまく運用されるよう、努めていただきたいものです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る