本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/商品/寿命

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/商品/寿命

「ビジネス/オフィス」営業支援/商品/寿命

営業支援システムのデータベースの活用の中に、商品寿命の確認があります。営業支援システムには、営業マンが、顧客情報を入力することができます。また、伝票などから商品ごとの動きも把握することができます。それぞれの商品やサービスの、売上の推移がグラフ化できるので、営業会議などで、推移を確認し、販売量が、損益分岐点を切ってしまった商品はどのようにしていくのかを議論すべきです。この商品単体では、利益が出なくても、それに付随する、例えば、消耗品や部品などで、利益が出るのであれば、販売を続けるべきでしょう。これらの状態も営業支援システムで確認していくことができますので、これらの付随商品やサービスについてもデータを出して、議論することが大切です。このように、これまで、感覚的にしか把握できなかった情報が、営業支援システムでは、簡単に出力することができるようになります。それだけでも、損失を防ぐことができるので、営業支援システムは、有益案システムであると言えます。営業情報などから、エリア別にその商品の売れ行きも確認できますので、例えば、売れない地方では販売を中止するなど、エリア別に戦略を立てることも可能です。使い方は沢山ありますので、良く議論して、間違った結論を出さないようにしましょう。そのためには、各所でのコミュニケーションが重要です。

また、営業支援システムには、情報の共有化機能がありますので、営業情報を全国的に共有することが可能になります。これにより、別の地域にいるキーマンへの接触機会も増やすことが可能になります。従って、商談がスムースに進むようになります。地域の枠を超え、全国的に展開できるのです。営業のボーダレス化がどんどん起こるでしょう。これにより、ビジネスチャンスも大幅に増え、営業成績も向上します。結果として、業績の向上に寄与するわけです。営業支援システムにはいろいろな機能がありますので、営業マンだけで無く、全社的に活用できるよう、導入教育を充実させていく、必要があります。折角良い武器を手に入れて使えないと、意味をなしません。会社として、絵行支援システムがうまく運用できるよう、行動を起こす必要があります。教育は、続けていく必要があります。この営業支援システムは、進化していきます。新たな機能を追加し、それも、使いこなせるようにならなければなりません。弛まぬ努力が必要となるわけです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る