本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/営業プロセス/受注

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/営業プロセス/受注

「ビジネス/オフィス」営業支援/営業プロセス/受注

営業支援システムを導入すると、営業プロセスに大きな変革をもたらします。営業マンの仕事のスタイルが変化するのです。その例として、次のような項目が挙げられます。
・事務処理が外部からでもできるようになる。
・顧客情報の共有化により集団的な営業活動ができるようになる。
・業務の効率化、スピードアップがはかれる。
・営業マンの行動管理をしっかり行える。
1つずつ説明します。

営業支援システムのクラウド環境を使用すると、これまで、営業マンは、営業所に戻って行っていた、事務処理や営業日報の作成、見積もりの作成、発注書の作成が、外部からできるようになります。これにより、営業マンは、営業所に戻るために無駄な時間が、削減され、さらに、顧客訪問回数が増加するため、受注件数が増えていきます。このように、営業プロセスの変更がもたらさせることで、ビジネスチャンスが増えていきます。

営業支援システムに、営業マン個々が抱えていた顧客情報を入力し、集約することで、顧客情報が大きな情報、すなわちビッグデータ化され、このデータから、顧客の動向や、商品の売れ行きの変化などが、傾向把握できるようになります。また、訪問したかった顧客にすでに、別の営業マンが接触していることもわかりますので、すぐにその顧客を方もすることができるようになるなど、集団的な営業活動が展開できるようになります。ここでも、大きな営業プロセスの変化が営業支援システムによりもたらされます。

営業支援システムでは、商品の価格や原価情報、物流コストなどをデータとしてあらかじめ入力しておけば、その場で見積書を作成することができ、商談のスピードアップが行われます。これにより、他社に先駆けて導入していただける可能性が増えてきます。この営業プロセスの変化も大きな変化であり、スピードアップが求められる現在において、大きな変革をもたらします。

最後に、営業マンが外にいることが多くなり、営業スタッフや上司とコミュニケーションが取りにくくなります。これを解消する機能が、営業支援システムに組み込まれています。それが、カレンダー機能を用いたスケジュール管理です。この機能を用いれば、誰が、いつ、どこにいるか情報が瞬時で把握できるようになります。情報が共有化されているので、関係者皆が見ることができるのです。また、営業日報と比較することで、本当に、そこにいたのかすら把握できるようになります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る