本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/営業力強化/臨機応変さ

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/営業力強化/臨機応変さ

「ビジネス/オフィス」営業支援/営業力強化/臨機応変さ

営業支援システムのクラウド環境を用いると、営業マンは外からいろいろなことが可能になります。例えば、プレゼンテーション資料をクラウドにおいておけば、顧客に急にプレゼンテーションを頼まれても対応することができます。会社の臨機応変さを見せることができ、信用を深めることにつながるでしょう。これにより、営業力強化が図れます。また、すぐにプレゼンテーションを顧客にすることができれば、それだけ商談のチャンスが増えるわけです。これは、営業支援システムがもたらす良い結果であり、営業支援システムによる営業力強化のお手本と言うことになります。

また、顧客情報をそれぞれの営業マンが、営業支援システムに入力しておけば、その情報は共有されるので、集団的に利用することが可能になります。情報の入力方法は、営業日報でも良いですし、別の書式でも全く問題はありません。入力し続けることが大切なのです。折角良い機能があっても、使われないと意味がありません。また、折角、営業支援システムに入力してもそのデータが使われなければ、意味をなしません。データを加工し、解析する部門も必要になります。情報はそのままでは、インフォーメーションですが、可能解析して、戦略に結びつけることのできるインテリジェンスにすることが重要なことです。このインテリジェンス化されたデータを用いて、営業戦略を立てると、営業力強化がさらに、はかれるようになります。

大変便利で、いろいろ活用できる営業支援システムは営業力強化以外にも用いることが可能です。例えば、顧客情報を元に、新商品・新サービスの企画立案にも転用可能です。研究所や開発セクション、企画部門で用いることができるようになります。これも大きな変革の一つです。営業がマーケティング機能を新たに果たすようになるわけです。このように、いろいろな機能を十分使いこなせるようになるために、導入時の教育を十分行う必要があります。営業マンや営業スタッフは必ず受けなければなりませんが、それ以外の情報を利用するセクションの方々も、必要最小限のデータを使うための教育は受けなければなりません。この有益なシステムを全社的に、十分活用できるよう、教育も含めて仕組みの変更をしていくことが大切です。また、各所から出た要求を満たせるようシステムの改変もしていかなければなりません。システム部門にその情報が行くように仕組みを作ることも大切なことです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る