本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/営業情報/入力作業

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/営業情報/入力作業

「ビジネス/オフィス」営業支援/営業情報/入力作業

営業支援システムの導入により、営業情報が営業から入力されるようになります。入力作業は面倒ですが、非常に有益なデータとなりますでの、積極的に入力していただけるよう、会社としては啓蒙活動に努めなければなりません。その有益なデータについてご紹介いたします。

これまで、個々の営業マンが持っていた情報が、一元管理されることにより、その営業情報がビッグデータと呼ばれる、大きなデータになります。個々のデータでは意味をなさなかったデータが、大きな意味を持つようになります。このデータを解析することで、営業会議や営業戦略会議、それ以外にも新商品企画などにおうようできるようになります。会社のビジネスチャンスが大幅に増えるとともに、ビジネスの変革ももたらします。営業戦略を立てることが苦手であった会社も、それを後押しする、データがあれば、これまでより容易に営業戦略が立てられるようになります。

ただし、営業が顧客データ等の営業情報を、新たに営業支援システムに入力しなければなりません。従って、営業マンに新たな業務、負荷が発生します。この負荷を下げる必要があります。例えば営業スタッフに営業の事務作マンの作業を移譲するなどがこれに当たります。いわゆるバックオフィス化が対策の1つとなり得ます。営業マンは、営業に集中できるようになりますので、さらに顧客訪問が可能になります。ただし、反対に営業スタッフの負荷は、必然的に増得てしまいますので、作業を効率化するか、抜本手ににスタッフを増やす等の対応が必要となります。この人員増は必要不可欠なものであるので、コストをけちらず、実施すべきです。そうでないとうまく回らないでしょう。

営業支援システムをうまく回転させるためには、会社の組織変更や人員の再配置など、大きな変革が求められます。これに会社が対応できないと、営業支援システムはうまく機能しません。また、営業情報を入力するだけでは、その膨大な情報をうまく扱うこともできません。折角営業支援システムを導入したのですから、このシステムがもたらすメリットを最大化しなければ、もったいないのです。そのための投資は、惜しまず実施するようにしましょう。営業だけに負荷を与えず、企画などがデータを解析し、事業につなげて行くようなサポート必要となります。これまで以上に、組織間の横の連携をうまく取って、システムの活用が進むようにしましょう。会社のビジネスチャンスは劇的に増えます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る