本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/営業日報/作成

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/営業日報/作成

「ビジネス/オフィス」営業支援/営業日報/作成

営業マンは通常、営業日報を書きに、営業所へ戻ってきます。営業範囲の広い営業マンにとって、一度営業へ戻ることは、移動時間で大きなロスをもたらします。この無駄な時間を減らして、本来の営業活動に時間を費やした方が、営業成績も上がるので、営業支援システムを導入することで、改善できる可能性があります。

営業支援システムは、タブレットなどのモバイル環境で、使用することができるため、営業日報などは営業支援システム内に取り込み、外から作成できるようにすることで、これまでのように、営業マンが営業所に戻って作業する必要がなくなります。このため、営業所への移動時間が節約できるので、その時間で、顧客を訪問できるようになり、営業のチャンスを増やすことでできます。

また、営業日報の入力だけで無く、新しい情報を共有できるようにすれば、ビジネスチャンスが広がり、業績にも貢献するとが可能となります。営業日報のフォーマットもそのように変更することをおすすめします。どのようなフォーマットが良いかは、営業会議などで議論し、必要な情報が漏れないようにしてください。要望がまとまりましたら、システム部門とよく議論して、営業支援システムの仕様に反映するようにしましょう。

営業支援システムが完成したら、営業マン全員に、記載方法などの教育を行い、営業マン全員が十分に活用できるようにすることが重要です。せっかく良いシステムができても、うまく運用されなければ、全く意味がありません。また、情報が集まりましたが、それをデータベース化し、商品やサービスの企画に生かせるようにしましょう。新しく組織化することも必要になってくるでしょう。
営業支援システムは、営業にだけではなく会社全体にとって、ますます業績を伸ばすための有益なツールとなり得るのです。

全社的に活用方法を考え、得られた情報を十分に生かすことができれば、営業支援システムの投資回収はすぐに完了するでしょう。生かすことができなければ、ただのメールと同じ程度の役割で終わってしまします。便利なだけで、うまく使うことが、重要です。また、営業戦略の見直しなど、戦略面に活用していくことが重要です。戦略を検討できるメンバーを集め、戦略会議を開くなど、新たな取り組みへ展開できれば、営業支援システムは価値のあるものになります。

営業支援システムでは、営業日報だけでもこれだけ、営業の変革をもたらします。それ以外の機能も十分生かすことができれば、会社にとって大きな変革となります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る