本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/目的/営業マン/楽

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/目的/営業マン/楽

「ビジネス/オフィス」営業支援/目的/営業マン/楽

営業支援システムを導入すると、営業マンの業務が一変します。営業支援システムは外部から、アクセスできるため、これまで、営業所でないとできなかった事務作業や営業日報の入力といった業務が、外にいてもできるため、営業所に戻る必要がなくなります。体も楽になりますが、本来の目的である営業活動にさける時間を大幅に増やすことができるため、営業成績も伸びることが期待できます。

しかしながら、営業マンが営業所へ戻る回数が減るため、その行動を如何に管理するかという、新たな問題が生じます。営業マンの行動管理を目的とした新たな仕組みが必要となってきました。これを行うために活用されているのが、営業支援システムが持つカレンダー機能です。カレンダー機能にスケジュールを細かく記載させることにより、いつどこで何を誰がやっているのか、一目瞭然にわかるようになります。この情報は、共有することができるので、営業関係者皆が確認でき、それぞれがどこにいるかわかるため、外部で、小さな打ち合わせを行うことも可能になります。大変便利な機能です。また、実際、その通り行動していたかどうかは、営業日報と比較することで、確認することができます。営業日報も営業支援システムに入力することができるので、すべ、営業支援システムで管理することが可能となります。営業日報にも新たな目的が生まれるのです。

このように、営業支援システムは、営業の仕方そのものにも影響を与えます。情報管理を目的に使用することも可能です。実際情報を集めて、それがビッグデータとなり、営業戦略の見直しや、新商品・新サービスの開発につながることが最も大きな成果を生みます。営業支援システム導入の最大の目的は、これまで、営業マンひとりひとりが抱えていた情報を一元管理し、営業の無駄を省き、効率化するとともに、そのデータを解析し、加工することで、次の戦略につなげて行くことです。

従って、営業だけで解析するのは難しいでしょうから、新たに解析チームを組織し、そのチームがインフォメーションをインテリジェンスに変えていけるよう行動することが、重要です。その用のプロ集団を生み出し、集めた大切な情報をうまく活用して、会社の業績向上につなげることができれば、営業支援システムの導入に必要な投資を、すぐに回収することが、できるでしょう。逆に、入力するだけで、何もしなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る