本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

「ビジネス/オフィス」営業支援/社内/事務作業

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 「ビジネス/オフィス」営業支援/社内/事務作業

「ビジネス/オフィス」営業支援/社内/事務作業

営業支援システムを導入すると、今まで、営業マンが営業所に戻り、社内で入力していた事務作業を外部でできるようになります。このため、営業所に戻る必要がなくなり、営業マンは、その空き時間でさらに営業活動を行うことが、可能になります。これは、営業支援システムがもたらす、大きな変革の一つです。ただし、社内で行っていたコミュニケーションが、弱くなると言う問題が発生します。これを補うような、定期的な営業戦略会議など、代わりの仕組みを用意する必要があります。営業支援システム導入により、営業マン個々が持っていた顧客情報を、営業支援システムに入力することで、一元管理された情報を社内から見ることができるようになります。この一元管理された情報を解析、および加工しインテリジェンス化することで、営業戦略を立てるための元データとすることができます。このため、これまでは、うまく実施できなかった営業戦略の立案が可能になります。営業戦略会議の意味が生まれてきます。

この顧客データを新たに営業支援システムに入力するという、業務が営業マンに発生します。この負荷を下げて上げる必要があります。例えば社内残るスタッフに営業の事務作業の一部を移管するバックオフィス化も良い作戦であると考えられます。これにより、営業は、営業に特化できるようになりますので、より得意な分野で活躍できるわけです。ただし、営業スタッフの負荷は、増えますので、営業支援システム内で、作業を簡略にする改善を行うか、人員を増やす必要が発生します。

情報の一元化がもたらす、営業戦略の実行により収益向上や、そのデータを生かして、生まれる新商品・新サービスの提供による、ビジネスの拡大により、大きな利益をもたらします。この利益と比較すると、少々の人件費増は、吸収可能ですので、体制を整えることに注力すべきであると考えられます。

営業支援システムをうまく活用するため、会社全体で、組織改革、仕組み変更を行い、折角投資した営業支援システムがうまく機能するように弛まぬ変革が必要です。経営トップもそれを理解し、提案されてきた中身を吟味し、必要な投資していくことが、求められます。営業支援システムを折角導入しても、利用環境が整わないと、うまく利用されず、単に、仕事を増やすだけになってしまいます。無駄な投資とならないよう。現実に会わせて、臨機応変な変更を行っていく必要があります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る