本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

タブレットやスマートフォンのスマートデバイス対応で営業支援

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > タブレットやスマートフォンのスマートデバイス対応で営業支援

タブレットやスマートフォンのスマートデバイス対応で営業支援

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスに対応すると、業務がスムーズに進みます。営業活動のログを記録する、社内の資料をスマートデバイスで共有する、大量の資料や動画、音声も簡単に閲覧・再生ができます。直感的な操作が可能なので、スマートデバイスが初めての方でも迷うことなく利用することができます。
営業支援を目的に、タブレット端末を導入する会社も多く、大手の製薬会社からコンビニエンスストアまで様々な企業が、スマートデバイスを導入しています。使い方も企業や職種によっても違います。
例えば、営業担当者がタブレットにカタログを入れて、顧客に見せる。商品のデータを提示しながら、的確な説明ができるなどのメリットがあります。紙媒体のときは、ページを捲り目的のページを探す手間がありました。スマートデバイスであれば、商品データを検索するだけなので短時間で済ませることができます。
営業担当者の手間を減らせますので、商談や顧客への説明に集中でき、制約率のアップにも繋がるようになりました。また、動画での資料を持ち歩けるようになったので、説明では伝えきれなかった部分も、正確に伝えられるようになりました。
このスマートデバイスは営業支援の中でも、重要な位置付けになっています。スケジュール管理や、アンケートなど、今まではオフィスに集まらなければできなかったことが、IT化によってどこにいても行えるようになったのです。
この営業支援システムを導入すると、入社して日の浅いスタッフでも、適切な接客ができるようになります。また、紙を使わなくなりますので、経費の削減にも繋がります。
営業支援システムは提供している企業によって、内容に差があります。スマートデバイスを用いたモバイル会議などをメインにしたもの、顧客管理や社内コミュニケーションをメインにしたものと、各社特色があります。業務内容や、どのような場面で使いたいか、目的をハッキリと決定してから導入しましょう。
営業支援システムを導入するなら、まずは各社のシステムを把握することが重要です。まずは企業に資料請求を行いましょう。導入実績や実際に営業支援システムを使っている企業の例などが掲載されてます。
また、オンラインデモを行っている企業もあります。実際の製品をテストできるので、どのような使い方をするのかを試すことが可能です。企業によってはタブレット端末だけではなく、従来の携帯電話、スマートフォンにも対応している場合があります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る