本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

テレアポで資料送付の許可をもらって営業支援に

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > テレアポで資料送付の許可をもらって営業支援に

テレアポで資料送付の許可をもらって営業支援に

営業支援としてできることは数多くありますが、テレアポもその一つです。人によっては電話だけで何ができるのだと思うかもしれませんが、事前に約束を取り付けたり、資料送付の許可などを得る事ができれば、その後の面談で時間を無駄にすることなくスムーズに話をしていく事が出来ます。

その為、営業支援としてできることは一つでも多くしておく事に越した事はありません。FAXがある会社であれば、時折いろんな会社からの宣伝FAXがありますが、あれをじっくりと見ることはそんなにないでしょう。けれどもしっかりとテレアポで資料送付の許可を得てある場合であれば、郵送で担当者宛に直接送ることができますので、きちんと見てもらうことができるのです。もちろん郵送でもFAXと同じようにひたすらダイレクトメールを送ることもできるのですが、送って満足しているだけで実際に見てもらっているかというと、ほぼ見てもらえずにゴミ箱行きとなっている可能性の方が高いと考えておいて下さい。

テレアポの営業支援として、資料送付に関してはまず許可を得られるまでに数回電話をかけることもよくあります。けれども資料を送るのですから、担当者の名前などもその時に確認をするので今後のやり取りも非常に話しやすくなります。資料送付と同時に会う日程などの約束も取り付けておくことが出来ればかなりの営業支援となるでしょう。テレアポは難しいと思うかもしれませんが、お客さんの雰囲気を声で考えながら都合も上手く確認していきましょう。

営業支援のためのテレアポなので、電話が終わった後にはまだ営業マンに頑張ってもらうことになります。アポインターは自分も約束などを取り付けるためにお客さんと話をしていくわけですが、営業マンへの中継役ともなっているのです。今後のことを考えてどのようにしたら営業がしやすくなるのかという事も考えながら電話ができるようになりたいものです。

最初のうちは上手にテレアポなども出来ないことが多いですが、用意されたスクリプトがあればそれはすらすらと読み込めるようになっておきましょう。数をこなさないと力はつかないと言われていますが、だからと言ってただ闇雲に電話をかけているだけだと資料を送る話すらもできません。いろんな失敗もあるかもしれませんが、資料送付、約束を取り付けるなど目標も考えながら電話をしていきましょう。声での営業となりますので、印象よく話せるように頑張って下さい。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る