本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

テレアポのアポイントの営業支援について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > テレアポのアポイントの営業支援について

テレアポのアポイントの営業支援について

企業が個人宅に訪問するタイプの営業を行うときには、訪問予定の家に電話をかけてアポイントを取るケースがあります。このような場合においては、営業担当者は訪問前に電話をしてから相手方に訪れるというスタイルになっていきます。そのようなときにおいては、営業支援のタイプとしてアポイントの電話を別の誰かに担当してもらうというものがあります。

企業がテレアポをするときには、その業務をするための人材を採用して教育をして担当してもらいます。そのようにすることで、営業担当者は電話業務をすることなく営業活動をすることができます。さらに、営業と電話が分離されていることによってテレアポの約束ができるとすぐに担当者を向かわせることが可能となります。

電話をしてもらうという営業支援は、業務の負担軽減をもたらすだけでなく柔軟性ももたらす結果になるのです。なぜならば、訪問先へ送る営業担当者の振り分けを自由に決めたりすることができるからです。テレアポの営業支援を採用することによって、企業にとってもメリットを取り入れることになります。

テレアポという営業支援を取り入れるときには、会話をするときのマニュアルを作成しておく必要があります。その歳には様々なパターンの会話例を記載しておき、対応方法などを記入しておきます。その他にも、テレアポを担当する労働者を統括する社員を配置したりすることも求められたりします。

また、企業は営業支援であるテレアポを担当する人材を配置するときには派遣会社という手段も考えることができます。派遣会社を利用することによって、揃えたい数の人材を呼んでもらえるという利得が存在しています。さらに、派遣会社を使うことによって人件費を軽くするということを実現できます。

テレアポを担当する労働者に対しては、成功したときにおいて褒賞金を支払うという制度を取り入れておきます。成功者に対して褒賞金を払うことで、次なるアポイントメントや契約の成功に結びつけていくのです。またこの制度は、人材募集をするときにおいてアピールすることが可能となります。

企業は営業支援としてテレアポ専用の人材と部署を設置して、従来の営業業務と分離を実施していきます。業務の分担で、それぞれの仕事に集中ができるため労働者にとっては長所となります。企業からにしても、業務の分担をしてそれぞれの仕事の成功率を高めていき売り上げの増加を期待することができます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る