本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

テレアポのトークシナリオの流れの構築を営業支援で解決

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > テレアポのトークシナリオの流れの構築を営業支援で解決

テレアポのトークシナリオの流れの構築を営業支援で解決

数ある営業の中でもテレアポは、基本中の基本の営業形態としても活用されている方法です。電話を用いて入手した名簿やリストなどを活用して電話をかけ、それによってお客さんにアポイントメントを取り、商談を成立させる営業です。テレアポの求人は、電話一本を用いて行なえる営業で比較的になくならず、ターゲットする顧客も個人から法人相手と様々となっています。

そういったテレアポを行なう上で一番大切なことは、トークシナリオをあらかじめ用意しておくことです。相手も忙しい最中に電話を受け取る側面もあるため、ほとんどが挨拶しても断られる可能性があります。ただ少しでも話を聞いてくれる人を探し当てることが出来れば、あとはトークシナリオの流れの通りにアポイントメントを取れば良いだけで済みます。どういった話を展開していけば良いかや相手の質問などに対する対応の方法などがあり、声だけで情報を伝えなくてはいけないので、どう話していけば良いかをマニュアル化しておきます。

マニュアル化しておけば、一日何軒も電話をかけ続けることに対しても十分対応することも可能となり、成約率もアップします。しかし大抵は、どこのテレアポ業でもそのトークシナリオを作成している点がありますが、その作成は何年の前のものという使い古されたものも多いです。当然、いつまでも同じ流れのトークシナリオを用いたのでは、効果自体が上がらないのも事実です。顧客のニーズや思考法も歳月と共に変化していくことが一般的でもあるからです。

そのため、テレアポの営業支援を行なう中で重要なのはトークシナリオの流れを現時点で最も適した状態に作成していくことです。そうすることによって、話を聞いてくれる段階に入ったときの成約率も格段にアップします。営業支援の成果は、この成約率のアップを引き出せるかどうかにかかっています。実際に会社の営業力向上のため、営業支援を行うサービス業がありますが、それを活用することで営業力アップを図ることが出来ます。

テレアポ業における営業支援を行なう会社は、それ以外に成約に結びつきやすい方法を編み出してくれたりする場合も多いです。なぜなら普通に無差別に電話をかけた状態では、電話では話を聞かないお客さんも増えてきているので、ターゲット層を作り出して、そういったお客さんをメインにする方法も構築したりもします。例えばアンケートを積極的に記入してくれた方や催し物に参加された方など、アピールするサービスや商品に接点があった方をメインとするなどです。

つまり、テレアポ業の営業支援ではシナリオ作成だけでなく、目的に特化した形での営業支援をトータル的に行なっていく方法が、現在の時代性にも適合していて支持されています。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る